語源 pre

English Etymology : pre

pre pro pri
前に、前の
語源pre
  • 現在
    sent 存在する
    presentという単語の語源は、ラテン語の「praesens」から来ています。この言葉は、「現在の、今の」という意味を持ちます。英語においても、presentは「現在の」という意味があります。また、presentは「贈り物」という意味も持っています。この意味は、中世において、君主が下位の人物に対して贈り物を与えたことに由来しています。
  • エプロン
    pre 前に
    apronの語源は、中世フランス語の"naperon"に由来しています。naperonは、テーブルクロスのようなものを意味し、後に覆い物全般を指すようになりました。英語のapronは、単にnaperonがa naperonと誤解されたことから、aが省略されたものです。
  • プログラム
    pre 前に
    programの語源は、ラテン語の「programma」から来ており、「指示書、計画書」という意味がある。これが英語に取り入れられ、現在では「プログラム」としてコンピューターの指示書や、イベントやショーのプログラムなど様々な意味で使われるようになった。
  • 課題
    pre 前に
    「problem」の語源は、ギリシャ語の「problema」に由来します。この単語は、「問題、困難、課題」などを意味し、文字通り「前に投げるもの」を意味します。つまり、問題は、解決すべき難題を前に投げられたものであると解釈されます。
  • かわいい
    pre 前に
    「Pretty」の語源は中英語で「優美な」「上品な」という意味の「pratie」から来ています。フランス語の「petit」(小さい)とは異なります。また、古英語で「prættig」という言葉があったことからも、英語の「pretty」が形成されたと考えられます。
  • 計画
    pre 前に
    「project」の語源はラテン語の「proiectus(前方に投げる)」から来ており、英語に取り入れられたものです。プロジェクトは、計画された事業や任務のことを指し、実現に向けて目標やスケジュールを立て、チーム全員で取り組む作業です。
  • 職業の
    fess 話す
    Professionalの語源は、ラテン語の"professio"から来ており、「宣誓すること」や「聖職を受けること」を意味しています。そこから専門的技能を持つ職業人という意味が生まれました。現代のprofessionalは、専門的知識やスキルを持ち、プロフェッショナルとして評価された人々を指します。
  • おそらく
    pre 前に
    probablyの語源は、ラテン語のprobabilis(信頼できる、確実な)に由来するとされています。その後、英語化された際に、probable(確実な)となり、さらに形容詞化してprobably(おそらく、多分)という用法が生まれたと考えられます。
  • 準備する
    pare 手に入れる
    prepareの語源は、ラテン語の「praeparare」からきています。この動詞は、「前もって整える、準備する」という意味があります。英語のprepareも、同様に「準備する」という意味を持ちます。このように、英語の多くの単語はラテン語やギリシャ語から派生していることが多く、学問や科学分野でも頻繁に使われています。
  • 保護する
    pre 前に
    protectの語源は、ラテン語のprotectusから来ています。これは、「守護する」という意味で、プロテウスとも呼ばれていました。英語にことばは、フランス語のprotégerを通じて伝わりました。protectは、危険や害から人や物を守る、保護するという意味を持ちます。
  • 改良する
    be 存在する
    「improve」の語源は、ラテン語の「improverare」から来ています。この言葉は、語根の「pro-」(前進)に接頭辞の「im-」(より優れたものに)を組み合わせたもので、「より優れたものに進む」という意味を持ちます。その後、中英語の「emprowen」に変化し、現代英語の「improve」となりました。
  • プログラマー
    pre 前に
    programmerの語源は、英語の動詞「to program(プログラムを作成する)」から来ています。プログラムとは、「プログラマーが作成するコンピューターソフトウェアの指示書」という意味があります。プログラマーは、この指示書を作成し、コンピューターによって実行されるようにします。
  • 大統領
    sit 座る
    「president」という言葉は、ラテン語の「praesidens(監督者、管理者)」に由来しています。この言葉は、司令官や指導者を示すために使用されていました。後に、アメリカ合衆国の政治制度において、大統領を指す言葉として定着しました。
  • 約束
    pre 前に
    promiseの語源は、ラテン語の「promittere」という言葉から来ています。これは、「前に送り出す」という意味を持つ動詞であり、約束するという意味にもなります。また、フランス語の「promesse」や、中世ラテン語の「promissum」も同じ意味で使われていました。
  • 適した
    a ~の方向へ
    appropriateの語源は、ラテン語の"appropriatus"から来ており、"ad-"(〜に向かって)と"proprius"(自己のものである)が結合したものです。つまり、何かを自分のものにすること、それらしくすることを意味します。例えば、何かを適切な形で使うことが、appropriation(適切な使用)になります。
  • 発表
    sent 存在する
    「presentation」の語源は、ラテン語の「praesentare」に由来します。この言葉は「見せる」「提示する」という意味です。現代英語では、特にビジネスや学術の分野で、プレゼンテーションとして知られる、説明や紹介をするスピーチやスライドショーなどを指します。
  • ありそうな
    pre 前に
    「Probable」の語源は、ラテン語の「probabilis」に由来しており、「probably」や「probabilistic」などの言葉の基礎になっています。この語は、おおよその意味で「信頼できる」という意味があります。
  • 証明する
    pre 前に
    proveの語源は、ラテン語の"probare"から派生した言葉です。"probare"は、試す、検証する、確認するという意味があります。proveは、証明する、確かめるという意味を持ちます。つまり、proveとは、本当であることを示すために行われる行為を指します。
  • 保存する
    pre 前に
    preserveの語源は、ラテン語の「prae-」(前)と「servare」(守る)から来ています。初めは、「前もって守る」という意味でしたが、その後は「保護する」や「保存する」という意味も持つようになりました。
  • 改良
    pre 前に
    「improvement」の語源は、ラテン語の「improvisus(予期せぬ)」と「provīsus(準備された)」に由来します。これらの単語は、予期せぬ状況に対応するために準備をするという意味があります。英語での「improvement」は、あるものを改善することで、そのものが準備された状態になるという意味を持っています。
  • 誇りに思う
    pre 前に
    「Proud」の語源は、古フランス語の「prode」や中英語の「proude」に由来します。意味は「勇敢な」や「尊敬される」で、現代英語では自信や誇りを持っているという意味合いが強くなっています。
  • 進める
    mov 動く
    「promote」の語源は、ラテン語の「promovere」から来ています。「promovere」は、「前進、進歩、上昇する」という意味があります。英語に取り入れられた「promote」は、人や物を上げたり、進歩させたり、推進するために行動することを意味します。例えば、あなたが成績が上がるように指導することや、製品を宣伝して売上を伸ばすことが「promote」に当たります。
  • 証明された
    en 〜でできた
    provenの語源は、フランス語のprovenir(来る、起源を持つ)です。provenは、過去分詞形であり、実績があることを示します。英語では「prove」(証明する)と同じ語源を持ちますが、provenは形容詞として使用され、証明済みであることを表します。
  • ~を表す
    sent 存在する
    "represent"は、ラテン語の"re-"(再び)と"praesentare"(提示する)から派生した英単語です。つまり、何かを再び提示したり、代理で表したりすることを意味します。例えば、弁護士がクライアントを代表して法廷に出席することが"representing"にあたります。
  • 生産
    duc 導く
    productionは、ラテン語の "productio" から来ています。 "pro-" は "before, forth" を意味し、"ducere" は "to lead" を意味します。つまり、productionは「先に導くこと」という意味です。製造や生産という意味でも使用されます。
  • 割合
    pre 前に
    proportionの語源は、ラテン語のproportioからきています。これは、「同じ部分」を意味するpro(「前へ」という意味もある)とportio(「部分、配分」)が結合したものです。つまり、proportionは「配分、比率」という意味を持ちます。
  • 教授
    fess 話す
    「professor」の語源はラテン語の「professor」で、「(何かを)公言する人」という意味があります。元々は大学教授を指し、今でもその意味で使われることが多いです。また、一般的には特定の分野で専門的な知識を持った人を指す場合もあります。
  • 生産する
    pre 前に
    produceの語源は、ラテン語の「producere」からきています。意味は「前に出す、生み出す」です。この言葉がフランス語に移され、「produire」という形になりました。そして、英語では「produce」という形で使われるようになりました。現在では、農作物や製品を作り出すことを指す言葉として広く使われています。
  • 良いと認める
    a ~の方向へ
    approveの語源は、ラテン語のapprobareから来ています。その意味は「認める、許可する、称賛する」です。英語には、この語源から派生したapproveという単語があります。この単語は、何かに同意したり、支持したりすることを表しています。
  • 予測する
    dic 言う
    predictという単語の語源は、ラテン語の「praedictare(予言する)」から来ています。また、この単語は過去分詞形の「predictus(予言された)」という形で使用されました。これは英語に翻訳されると「predicted」となります。
  • 財産
    pre 前に
    「Property」の語源は、ラテン語の「proprietas(独自性、所有)」から来ています。この語は、英語において、所有権や所有物を表す言葉として使用されています。
  • 代表
    sent 存在する
    「representative」の語源は「represent(代表する)」に由来します。この言葉は、ラテン語の「representare」という単語からきています。このラテン語は「再現する、描く」という意味があり、政治的な意味合いで使われるようになりました。例えば、代議士は国民の代表として議会で演説することで、国民の意見を表現するという使われ方をします。
  • 以前の
    vi
    previousは、ラテン語の「praevius」から来ている。この語は「前の、先行する」という意味を持ち、また「前方に通じる」という意味もある。現代の英語でのpreviousは、過去に起こった出来事や先行する出来事を示す言葉として広く使われている。
  • ~のふりをする
    tend 伸ばす
    「pretend」の語源は、ラテン語の「praetendere」から来ています。これは「前に伸ばす」または「偽りのものを示す」という意味があります。英語になる前に、中世フランス語の「pretendre」に変化しています。それがさらに英語になり、現代の意味の「偽りの振りをする」「言うべきでないことを言う」という意味を持つ単語になりました。
  • 発音する
    pre 前に
    「pronounce」という単語は、ラテン語の「pronuntiare」から来ています。この言葉は「表現する」「宣言する」という意味があります。また、英語では、この単語は「発音する」という意味でも使われます。つまり、英語の「pronounce」は、発音することが意味するだけでなく、話を明確に表現することも含んでいるということです。
  • 正確な
    cide 切る
    「precise」の語源は、ラテン語の「praecisus」から来ており、「切り落とされた」という意味があります。それが、より正確で正確な意味を持つ「precise」という言葉に発展しました。
  • 職業
    fess 話す
    professionの語源は、ラテン語の「professio」という言葉に由来しています。これは「公式な宣言」や「宣言された職業」という意味があります。つまり、professionは、自分が選んだ職業を宣言する行為や、その職業の熟練者であることを公式に宣言することを指しています。
  • 防ぐ
    pre 前に
    preventの語源は、ラテン語の「praevenire」から来ています。「praevenire」は、「先見する」「先に来る」という意味があります。その後、フランス語に取り入れられ、「prévenir」という単語となりました。そして、英語にも取り入れられ、現在の「prevent」という形になったのです。
  • 再現する
    re 再び
    reproduceの語源は、ラテン語の"re-"(再び)と"producere"(生産する)から来ています。つまり、再生産するという意味になります。
  • 好み
    fer 運ぶ
    preferenceの語源は、ラテン語の "preferre" から来ており、「前に持ってくる、選ぶ」という意味があります。この動詞は、"pre-"(前)+ "ferre"(持ってくる)から構成されており、その直訳は「前に持ってくること」です。この語は、英語においても「優先する」という意味で使われています。
  • 過程
    pre 前に
    processの語源は、ラテン語の「processus」から来ています。この言葉は、「前進する、進行する」という意味を持ちます。後に「process」は、物事が進展する過程や手続きという意味で使われるようになりました。
  • 保存
    pre 前に
    「Preservation」の語源は、ラテン語の「praeservare(保護する)」から派生し、英語に取り入れられたものです。この言葉は、もともとは生きた動物や植物を保存することを指していましたが、現代では、古い建物や文化財を守る意味でも広く使われています。
  • 手順
    pre 前に
    procedureの語源は、15世紀後半にラテン語から英語に入った「procedere」という言葉に由来する。これは「前進する、続ける、手順を踏む」という意味がある。そして、これはラテン語の「pro-(前へ)」と「cedere(進む)」から派生したものである。
  • 抗議
    pre 前に
    「プロテスト」の語源は、16世紀イタリア語の「protestare(公式に申し立てる)」から来ています。17世紀には英語にも取り入れられ、特に政治的な文脈で使用されるようになりました。日本語では「抗議する」という意味で広く使われています。
  • 職業的に
    fess 話す
    professionallyの語源は、「職業的に、専門的に」という意味を持つ英単語「profession」に、「〜らしく」という意味を表す接尾語「-ally」がつけられたものです。professionは、ラテン語の「professio」から派生し、「宣誓すること、公言すること、専門職」という意味があります。
  • 計画者
    pre 前に
    「projector」の語源は、ラテン語の「proicere」という言葉から来ています。これは、「前に投げる」という意味の動詞です。この言葉が、英語に取り込まれ、名詞の「projector」として使われるようになったとされています。
  • 利益
    fac 作る
    profitの語源はラテン語の「proficere」です。意味は「進む、前進する、役に立つ」などです。英語では、利益や得益を表す単語として使われています。
  • 適切に
    pre 前に
    properlyの語源は、中世のラテン語の"proprius"から来ており、"適切な"や"正確な"という意味を持っています。また、その語源は"自分自身のものである"という意味も含まれています。この語源から、properlyは物事を正確に、適切に行うことを表すようになりました。
  • 優先度
    pre 前に
    priorityの語源は「prior」に由来します。priorはラテン語で「前の、先行する」を意味し、「prīor」から派生しました。英語でpriorityという言葉は、17世紀に使われ始めました。当初は、司法制度における優先順位の付け方を指す言葉でしたが、その後、様々な分野で用いられるようになりました。現在では、重要性が高く、優先すべきものを指す言葉として一般的に使われています。
  • ~のほうを好む
    fer 運ぶ
    preferの語源は、ラテン語の「praeferre」から派生した言葉で、「前に持ってくる」という意味を持ちます。その後、英語に取り入れられ、「好む、選ぶ」という意味を持つようになりました。
  • 提供する
    vid 見る
    provideの語源は、ラテン語の「provīdēre」から来ています。これは「前もって見る」という意味で、プレフィックスの「pro-」が「前方」という意味を表しています。したがって、provideは「前もって準備する」という意味合いを持っています。
  • マイクロプロセッサー
    pre 前に
    microprocessorの語源は「micro(小さな)」と「processor(処理器)」の組み合わせです。つまり、非常に小型の処理器を指す言葉です。1970年代に開発され、現在のコンピューターシステムにおいて重要な役割を果たしています。
  • 正確に
    cide 切る
    「precisely」の語源は、ラテン語の「praecisus」および「praecisionem」に由来します。これは、"切り取った"や"切り取り"を意味する言葉です。これがフランス語になって、"precis"となり、最終的に"precisely"となりました。
  • vic 勝利
    provinceの語源は、古代ローマ時代のプロヴィンシア(provincia)から来ています。プロヴィンシアとは、ローマ帝国が征服し、支配下に置いた地域を指し、そこから派生して現在の「地方、一地域の管轄区域」という意味になりました。
  • 近づく
    a ~の方向へ
    "Approach"は、フランス語の"approcher"に由来し、ラテン語の"ad"(〜に向かって)と"propius"(近くに)によって構成されています。つまり、何かに近づくという意味を持ちます。
  • 妥協
    com 共に
    「compromise」は、ラテン語の「com-」(共に)と「promittere」(約束する)に由来しています。つまり、合意するために互いに約束することを意味します。
  • 予測
    dic 言う
    「prediction」の語源は、ラテン語の「praedictio」に由来します。この言葉は「前もって言うこと」を意味し、さらに「prae(前)」と「dicere(言う)」の二つの語から成り立っています。日本語の「予言」と同じように、未来を予測して言い当てることを示す言葉として用いられます。
  • 昇進
    mov 動く
    promotionの語源は、ラテン語の「promovere」に由来します。この単語は、「前進させる」という意味があり、promovereは「pro(前)」と「movere(動かす)」という2つの単語から構成されています。今日、promotionは、ある対象物や事業などを広めるために行われるさまざまなプロモーションの活動を指します。
  • プレビュー
    vid 見る
    previewの語源は「pre-(前) + view(見る)」から派生した英語の単語であり、先行して何かを見ること、未公開作品の試写会などを指す。日本語でも同様に「プレビュー」として使われる。
  • タンパク質
    pre 前に
    「protein」の語源はギリシャ語の「proteios」から来ており、主に「最初のもの」や「重要なもの」を示す言葉です。この名前が付けられた理由は、当時の科学者がタンパク質が生物にとって重要で必要不可欠な栄養素であることに気付いたためです。
  • 前払いする
    pre 前に
    「prepay」は、「前払い」という意味があります。語源は、英語の「pre-」(前の)と「pay」(支払う)から来ています。つまり、「prepay」は、商品やサービスを受け取る前に支払うことを意味しています。
  • 保護
    pre 前に
    「protection」の語源は、「protect」(保護する)+「-ion」(名詞形接尾辞)から派生したものです。元々は、ラテン語の「protectio」から来ており、「保護」や「防御」という意味を持っています。この言葉は、英語圏で多くの分野で使用されており、例えば、ビジネス、法律、医療、環境保全などでよく使われます。
  • 進歩的な
    pre 前に
    「progressive」の語源は、ラテン語の「progressus(進歩)」から来ています。この言葉は「前進する、進む」という意味を持ち、19世紀には政治的・社会的・文化的な改革を進める人々を指すようになりました。現代では、先進的な、進歩的なという意味でも使用されます。
  • だいたい
    a ~の方向へ
    approximatelyの語源は、ラテン語の"proximare"(近づく)という単語から来ています。これが中世のフランス語で"aproximer"となり、英語に入って"approximate"となりました。これは「近似する」という意味で、数値や量について精度を表す場合に使われます。
  • 速やかに
    em 取る
    「promptly」の語源はラテン語の「promptus」(準備ができた、用意された)です。それがフランス語になって「prompt」になり、その後英語に取り入れられました。日本語では「即座に」という意味で用いられます。
  • プログラム
    pre 前に
    「programme」の語源は、「プログラム」とも訳される「プログラム」です。これは、ラテン語の「programma」から来ており、「書かれたもの、公式の命令」などの意味を持ちます。英語で「programme」は、イベントやショーのスケジュール、計画、プログラムなどを意味します。
  • 比例の
    pre 前に
    proportionalの語源は、ラテン語の"proportio"から来ています。"pro"は「前へ」という意味で、「portio」は「割合」または「分配」を意味します。つまり、「proportional」とは、何かが正しく分配されており、比例していることを示す言葉です。例えば、2つの量が比例しているとは、1つの量が2倍になると、もう1つの量も2倍になるということです。
  • アマチュアの
    non 〜ない
    nonprofessionalの語源は、"non"(否定的な意味を持つ接頭辞)と"professional"(専門的な意味を持つ形容詞)から成り立っています。つまり、「非専門家」という意味になります。
  • 適確さ
    cide 切る
    precisenessの語源は、ラテン語のpraecisionem(切り落とし)に由来します。この語は、物事を正確に切り取ることを意味しています。英語のprecisenessは、この語から派生したもので、正確さや厳密さを表します。
  • 提案する
    pre 前に
    「Propose」は中世のラテン語から派生した英単語だ。「propositus」という言葉が元々の意味で、「置く」や「出す」という意味を持つ。「Pro」は「前へ」という意味を持ち、「ponere」は「置く」という意味を持つ。この二つの言葉が結合して「proponere」となり、「提出する」という意味を持ち、後に「propose」となった。
  • 支持者
    pre 前に
    proponentの語源は、ラテン語の「proponere」から派生しています。これは、「提供する」という意味の動詞で、英語には「propose(提案する)」という単語として転化しています。proponentは「提唱者」という意味で、ある意見・主張を積極的に支持する人を指します。
  • 非営利の
    fac 作る
    nonprofitの語源は「non-」が「ない」という意味を表し、「profit」が「利益」という意味を表す英単語からきています。つまり、nonprofitは「利益を追求しない」という意味を持つ言葉となっています。この言葉は、社会貢献や公共の利益のために活動する非営利団体を指すのに使われています。
  • 禁止する
    pre 前に
    prohibitの語源は、ラテン語の「prohibitare(禁止する)」から来ています。この単語は、「pro(前に)」と「hibere(保つ)」の2つの語根から成り立っており、「前に保つ」ことから「禁止する」という意味になっています。禁止や禁忌といった意味を持ち、現在でもよく使われる単語です。
  • 執行猶予
    pre 前に
    probationの語源は「真実を試みる」という意味のラテン語probatitoから来ています。現代の法律用語でのprobationは、犯罪者に対する仮釈放期間を指します。社会の期待に応えるために行動を改め、正しい生き方を身につけるための時間として扱われます。
  • 素早く
    pre 前に
    「prontoの語源は、スペイン語で『すぐに』を意味する言葉です。イタリア語から派生し、急いで何かを行う際に使われます。英語においては、即座に行動することを表すスラングとして広く使用されています。」
  • 保護的に
    pre 前に
    protectivelyの語源は、「protective」という形容詞に「-ly」という接尾辞をつけたものです。"protective"は「保護の」という意味を持ち、"protectively"は「保護的に」という意味になります。
  • 保護的な
    pre 前に
    protectiveの語源はprotectという言葉から作られています。protectはラテン語のprotectusから来ており、"守る"という意味があります。protectiveは"保護的な"という意味で、物や人を守ろうとするという意味が含まれます。
  • 深遠な
    pre 前に
    「profound」は、ラテン語の「profundus」から派生した言葉で、「深い」「奥深い」という意味があります。元々は、地下水が深く流れていることを表していたとされています。現代の英語においては、深遠な思考や理解力を表す形容詞として使われます。
  • 専門家らしくなく
    un 〜でない
    「unprofessionally」は英語の「un-」(否定)と「professional(プロフェッショナル)」を組み合わせた造語です。「profession(職業)」はラテン語の「professio」から来ており、「宣言や約束をすること」や「専門職であること」を意味します。「unprofessionally」は、専門職的でない、職業的でないという意味を持ちます。
  • 前癌性
    pre 前に
    precancerousの語源は、「pre-」(前、予備)と「cancerous」(がんを引き起こす)の合成語となっています。つまり、がん前段階を表す言葉です。がんの発生前にみられる異常細胞を指す場合があります。
  • 序詞
    log 言葉
    prologueの語源はギリシャ語のprologosに由来します。「pro」は前を意味し、「logos」は話、言葉を意味します。つまり、prologueは「前置きの言葉」という意味になります。演劇でストーリーの前に登場する解説や導入部分などのことを指します。
  • 先史時代の
    stor 歴史
    prehistoricの語源は、「前の」を意味する「pre-」と「歴史」を意味する「historic」から来ています。つまり、古代の歴史の前に起きた出来事や物事を指します。
  • 適正に
    a ~の方向へ
    "appropriately"は、ラテン語の"appropriatus"に由来します。"appropriatus"は"適当に割り当てる"という意味でした。後に、フランス語で"approprier"という動詞が生まれ、それが英語に取り入れられ"appropriate"となりました。そして、形容詞の"appropriately"が生まれました。つまり、"appropriately"は、何かを適切に割り当てること、適切な方法で行うことを表す言葉です。
  • 発表者
    sent 存在する
    Presenterの語源は、プレゼントすることに由来します。英語のpresentは「贈り物、贈呈する」という意味があります。そのため、presenterは「贈呈する人、発表者」という意味を持ちます。十字架につけるイエス像などを「聖物」として寄贈し、礼拝などで展示する人が「presenter」と呼ばれることがあります。
  • プログラミング
    graph 書く
    programmingの語源は、英語のprogram(計画する)に由来しています。元々は機械に命令を与えることを指していたが、現在ではコンピューターシステムを開発するプロセス全般を指しています。
  • 偏見
    just 正しい
    prejudiceの語源は、ラテン語の"praejudicium"に由来します。これは"prae"(前に)と"judicium"(判断)の合成語で、あらかじめ判断を下すことを意味します。つまり、prejudiceはあらかじめ判断して偏見を持つことを表しています。
  • 前立腺
    pre 前に
    prostateの語源は、ギリシャ語の "prostates" から派生しています。この言葉は「防衛するもの」という意味があり、男性の生殖器系にある小さな腺である前立腺のことを指します。前立腺は男性の健康に重要な役割を果たしており、尿路に進む尿道の周りを囲むように位置しています。
  • 前任者
    pre 前に
    predecessorの語源は、ラテン語で「先行する」を意味する「praedecessor」に由来します。前任者や先細りのものを示すために使用される語で、歴史や経営などの分野でよく使われます。
  • 処方
    scrip 書く
    「prescriptionの語源は、「pre-(前)」と「scribere(書く)」から来ています。元々は、医者や薬剤師が薬局に伝える「処方箋」を指す言葉でした。現在では、法律や規則などの書類にも使われます。」
  • 行列
    pre 前に
    「procession」の語源は、ラテン語の「processio(進行)」から来ています。 前置詞の「pro(前に)」と、「cedere(進む)」を組み合わせてできた言葉であり、「前進すること」や「行進」を表します。日本語では「行列」と訳されます。
  • 存在
    sent 存在する
    「Presence」はラテン語の「praesentia(プレーゼンティア)」に由来します。意味は「現在地におること」や「目の前にいること」など、何らかの形で存在していることを示します。
  • 先行性
    pre 前に
    「precedency」の語源は、ラテン語の「praecedentia」から来ています。これは「先行する、先行性」を意味し、英語に受け継がれました。この言葉は、優先順位や優先度を示すために使用されることがあります。
  • 前の
    pre 前に
    priorの語源は、ラテン語の「prior」に由来します。これは「さらに前の」という意味を持ち、先行するものやより重要なものを指します。日本語では「より前の」という意味合いで使われることがあります。例えば、先に行うことをprioritize(優先する)と表現することができます。
  • 熟練した
    fac 作る
    "Proficient"の語源は、ラテン語の"proficiens"から来ています。"proficiens"は、動詞"proficere"の現在分詞形であり、"進む"や"前進する"という意味があります。その後、英語に取り入れられる際に、"上手い"、"熟達した"、"熟練した"などの意味を持つようになりました。
  • 前もって
    vi
    「previously」の語源はラテン語の「praevius」から来ています。「prae」は「前に」という意味で、「-vius」は「行く」という意味があります。つまり、「previously」は「以前に行った」という意味になります。
  • 前に置く
    fix 釘を打つ
    prefixの語源は、ラテン語の「prae-」(前)と「fixus」(固定された)に由来します。つまり、接頭辞は基本的に、単語の前に「固定される」ものとして使用されます。例えば、「preview」には「pre-」が前について、「事前に見る」という意味になっています。このように、prefixは単語の意味を変えるために非常に重要な要素の1つです。
  • 予言者
    dic 言う
    predictorの語源は、ラテン語のprae(事前の)とdictum(言われたもの)からきており、「予測する人」という意味を持つ英単語です。つまり、ある事態が起こる可能性を予測することを専門にする人や物を指します。
  • 発音
    pre 前に
    「pronunciation」は、ラテン語の「pronuntiare」(発音する)から派生した英語の単語です。元々は、ラテン語の「pro-」(前)と「nuntiare」(伝える)が結合したもので、「前に伝える」という意味でした。その後、口から言葉を発することを意味するようになり、現在では英語の「pronunciation」という単語となっています。
  • やがて
    sent 存在する
    Presentlyの語源は、中英語の「presentlich」から来ており、その先には古英語の「preostlice」があります。これらは「直ちに、すぐに、現在」という意味を持ち、現代英語においても同様の意味で使われています。
  • 進歩
    pre 前に
    progressの語源は、ラテン語の"progressus"から来ており、「前進する、進歩する」という意味を持ちます。この言葉は、軍隊が進軍することを示す際に使用されていた言葉が由来とされています。今日では、progressは進歩、前進、発展などを意味する重要な単語の一つとして広く用いられています。
  • プレミアム
    em 取る
    Premiumの語源は、ラテン語の"praemium"から来ています。この言葉は、最初は「報酬、贈り物、賞品」を意味していましたが、次第に「高価なもの、上質なもの」という意味で使われるようになりました。現在の英語におけるPremiumは、高品質であることや価値が高いことを示す言葉として使用されています。
  • 繁栄する
    pre 前に
    prosperの語源はラテン語の"prosperare"で、成功する、栄えるという意味があります。この言葉はまた、"pro"は前に、"spes"は希望、期待を意味するLatinの"spes"から派生しています。つまり、prosperは希望する方向に進むことで成功をもたらす、繁栄することを表しています。
  • 処方する
    pre 前に
    「prescribe」の語源は、ラテン語の「praescribere」という単語から来ています。この単語は、直訳すると「先に書く」という意味があります。後に英語に取り入れられた際に、意味が「処方する」という現在の意味に変化しました。
  • 提案
    pre 前に
    「proposition」は、ラテン語で「提案、命題」を意味する「propositio」が語源です。英語に取り入れられた際には、「提案、命題」の他に「申し出、誘い」という意味も持つようになりました。この語源を理解することで、英単語の意味を深く理解することができます。
  • 繁栄
    pre 前に
    「Prosperity」はラテン語の「prosperus」に由来し、直訳すると「幸運な、成功した」という意味を持ちます。この語の最初の使用例は、12世紀に書かれたラテンの聖書で見つかります。
  • 勝つ
    pre 前に
    「prevail」は、ラテン語の「praevalere」から来ています。「prae」は「前に」、「valere」は「強い」を意味します。つまり、「prevail」は「前より強くなる」という意味があります。
  • 不正確な
    cide 切る
    impreciseの語源は、ラテン語の"im-"(不、非)と"praecisus"(切断された、明確でない)から来ています。つまり、impreciseは「切断されていない、不明確な」という意味を持ちます。
  • プロバイダー
    pre 前に
    "Provider"の語源は、ラテン語の「providere」から来ています。この言葉は、「先見の明があり、用意周到である」という意味を持ちます。それが英語に取り入れられ、「provider」という言葉が生まれました。今日、この単語は、サービスまたは製品を提供する人や企業を指すために広く使用されています。
  • 利益になる
    fac 作る
    profitableの語源は、ラテン語の"profitabilis"から来ています。その意味は"利益をもたらす"や"有益な"など、何らかの利益や恩恵をもたらすことを示しています。この単語は、現在ではビジネスや経済の世界でよく使われる形容詞になっています。
  • 前払いの
    pre 前に
    「prepaid」の語源は「前払い」という意味の日本語に由来します。つまり、何かを利用する前に、すでに支払いが済んでいる状態を指します。この言葉は、携帯電話やクレジットカードなどの利用にも使われています。
  • 妊娠した
    nat 生まれる
    「pregnant」の語源は、ラテン語の「prae-」(前)と「gnatus」(生まれた)から来ています。そのため、「pregnant」は「将来的に何かを生むことができる」という意味を持ちます。
  • 威信
    str 伸ばす
    prestigeの語源は、フランス語のprestigeから来ています。元々は、ラテン語で「つや、光り輝く」という意味を持つpraestigiumが語源です。prestigeは、高い地位や尊敬をもたらす力を意味し、人々がある人物やグループに対して持つ絶大な尊敬の感情を表します。
  • 非生産的に
    un 〜でない
    un-は接頭語で「〜でない」という意味です。productivelyは「生産的に」という副詞形のproductiveに-lyをつけたものです。つまり、unproductivelyは「生産的でないように」という意味になります。
  • 適した
    pre 前に
    properの語源は、ラテン語の"proprius"に由来しています。"proprius"は"自己のものである"や"適切な"という意味があり、英語に取り入れられる前には中世ラテン語で"propius"と綴られていました。properは、使用する場面によっては"適切な"や"専有の"という意味を持ちます。例えば、properな服装をすること、properに自分の時間を使うことなどが挙げられます。
  • 承認
    a ~の方向へ
    approvalの語源は、ラテン語の「approbare」から来ており、「承認、認可する」という意味があります。この単語は、英語に導入された際に、現在の形になったとされています。
  • プロデューサー
    duc 導く
    producerの語源は、ラテン語の「producere」という言葉から来ています。その意味は、「前へ進める」「生み出す」というもの。生産者や製造業者としての用途が多いですが、映画や音楽のプロデューサーとして使われることもあります。
  • 準備
    pare 手に入れる
    preparationの語源は、ラテン語の「praeparatio」に由来しています。この単語は「事前の準備」を意味しており、英語にも同様の意味で使われています。例えば、仕事やテストの前に十分な準備をすることが大切です。preparationは、成果を得るために必要な準備をすることを示しています。
  • 不適切な
    a ~の方向へ
    「inappropriate」は、ラテン語の「in」(否定を表す接頭辞)と、「appropriatus」(適切な)が合わさったものです。つまり、適切でない、ふさわしくないという意味を持ちます。
  • 見込み
    pre 前に
    prospectの語源はラテン語のprospectusから来ています。これは「見る」という意味があります。それが英語になる過程で、意味は「見通し、見込み」となりました。その意味から、この単語は「将来の見通し、見込みがあるもの」という意味でも使用されています。
  • プロフィール
    pre 前に
    「profile」は、フランス語の「profi」(側面)と、ラテン語の「filum」(糸)が語源です。これは、彫刻家が石や木に側面から線を刻むことから、「側面」と「線」を意味するようになった言葉です。今日では、個人の情報や特徴を簡潔にまとめた概要を指すことが一般的となっています。
  • 先例
    pre 前に
    precedentの語源は、ラテン語のprae(前)とcedere(進む)から来ています。つまり、先例を示すことで前進することができるという意味合いがあります。この言葉は法律用語として使われ、過去の判例や先例を基準に判断を下すことを意味します。
  • 引き起こす
    pre 前に
    「provoke」の語源は、ラテン語の「pro-vocare(前に呼ぶ)」からきています。これは、人を挑発するために古代ローマの戦士が敵に向かって前進するときに発した挑戦の言葉「pro-vocare」から派生したものです。
  • 本職でない
    un 〜でない
    「unprofessional」の語源は、接頭辞の「un(〜でない、無い)」と名詞の「professional(専門家、プロ)」の組み合わせです。つまり、「プロらしくない、専門家として不適当な」という意味があります。例えば、仕事に適切なスキルや知識を持たない人や、倫理的な問題を引き起こす人に対して使われます。
  • 妊娠
    pre 前に
    「pregnancy」の語源は、ラテン語の「praegnans(妊娠中の)」に由来しています。この言葉は、ラテン語の動詞「prae(前へ)」と「gignere(産む)」から派生した言葉であり、文字通り「前に産む」という意味になります。
  • 申出
    pre 前に
    proposalの語源は、ラテン語の「propositio」から来ています。この言葉は、物事を提案することを意味しており、英語に取り入れられた際には、同様の意味で使用されるようになりました。日常的に使われる英単語の語源を知ることで、英単語の意味を理解する上で役立ちます。
  • 準備なしの
    un 〜でない
    「un-」は「~でない」という否定接頭辞、「prepare」は「準備する」という意味であり、合わせて「未準備である」という意味を持ちます。
  • 予防
    pre 前に
    preventionの語源は、ラテン語の「praevenire」で、「先んじる」という意味があります。これが中英語になり、「prevent」に変化しました。そして現代英語で「prevention」となったのです。この言葉は、あらかじめ予防するという意味で、感染症や犯罪、火災などを予防することが重要な社会問題となっています。
  • 望ましくは
    fer 運ぶ
    preferablyの語源は、ラテン語の"praeferre"からきています。これは「前に持ってくる」という意味で、英語の"prefer"や"preference"にも通じています。つまり、"preferably"は「優先的に」という意味になります。
  • 推し進める
    pre 前に
    "Propel"の語源は、ラテン語の "propellere" から来ています。この単語は「前進させる、推進する」という意味を持ち、プロペラにも通じています。したがって、「propel」とは、物や人を力強く前進させることを意味する英単語です。
  • 無防備な
    un 〜でない
    unprotectedの語源は英語の「un-」(否定の接頭辞)と「protect」(守る)から来ています。つまり、「保護されていない」という意味を持つ単語です。例えば、人体に有害な紫外線から肌を守る日焼け止めを塗らない時、肌はunprotected(保護されていない)状態になります。
  • 予測可能な
    dic 言う
    predictableの語源は、ラテン語のprae(前もって)とdictum(言われたこと)から来ています。つまり、予測可能という意味で、ある出来事が事前に予測できるということを表しています。この単語は、現在の英語で「予測可能な」という形容詞として使用されています。
  • 予測不可能な
    un 〜でない
    「unpredictable」の語源は、「un-」(~でない、否定的な)と「predictable」(予測できる)の結合であり、予測できない、予想不可能なという意味を持ちます。この語は、ラテン語の「prae-」(前)と「dicere」(言う)から派生した「predict」(予測する)に由来しています。
  • 即座の
    pre 前に
    「Prompt」の語源は、ラテン語の「promptus(用意されている、準備完了)」に由来しています。それが中英語に変化し、"to produce ready money"や"ready and quick in action"という意味を持つ言葉になりました。現代の「prompt」は、時間通りに行動することや、口頭で指示を与えることを指します。
  • 推定する
    sub 下に
    「presume」の語源は、ラテン語の「praesumere」に由来しています。これは、「前もって取る」という意味があります。英語においては、この言葉の意味が「推測する」という意味に変化しました。つまり、「事前に受け取ることで」という意味から、ある結論を「前もって受け入れている」という意味に変化したのです。
  • 過小評価な
    under 下に
    「underrepresented」の語源は、「under(下に)」と「represent(代表する)」の合成語で、あるグループや地域などが代表や表象として適切に表されていない状態を表します。主に政治や社会などの分野で用いられ、特定のグループの声が聞き取れない場合に使用されます。例えば、女性やマイノリティー、貧困層などが代表的な例です。
  • 優先させる
    pre 前に
    prioritizeの語源は、ラテン語のprior(前の、より重要な)とAnglo-Frenchのpriorité(優先)に由来します。つまり、何かを優先させること、重要視することを表しています。日常生活やビジネスにおいて、何を優先するかを決めることは非常に重要です。
  • 卓越した
    pre 前に
    prominentの語源は、ラテン語の「prominere(先に出る)」から来ています。この単語は、転じて英語において「突き出て見える、目立つ」という意味を持ちます。したがって、prominentは「重要な、有名な、目立つ」という意味で用いられます。
  • 予想される
    pre 前に
    prospectiveの語源は、ラテン語の「prospectus(展望、眺め)」から来ています。この言葉は「pro(前)」と「spectare(見る)」の組み合わせで、見通しや可能性のある未来の展望を意味します。英語では、prospectiveは何かが起こりうる未来の状態を示す形容詞として使われます。
  • 未承認の
    a ~の方向へ
    「unapproved」の語源は「approve(承認する)」の接頭辞「un-(否定)」です。つまり、「承認されていない」という意味になります。この語は、何かが正式に認められていないことを表す場合に使用されます。例えば、「unapproved drugs(承認されていない薬物)」や「unapproved methods(承認されていない方法)」などがあります。
  • 続ける
    pre 前に
    proceedの語源はラテン語の"procedere"から来ています。"pro"は前に進むことを意味し、"cedere"は移動することを意味します。つまり、proceedは進むこと、移動すること、続けることを意味しています。また、英語での使い方は、事業や計画などを継続する場合や進行中の手順を示すために使われます。
  • 先行する
    pre 前に
    precedeは、ラテン語の"praecedere"から来ています。これは、"prae-"(前)と"cedere"(進む)の結合詞です。つまり、"precede"は、前に進む、先行する、先立つ、先行する、先立つなどの意味があります。
  • 比例して
    pre 前に
    「Proportionally」の語源は、ラテン語の「proportio(比率、均衡)」に由来しています。この語は、直接「proporción」としてスペイン語に入り、次に英語に取り入れられました。この単語は、比例的に、均衡的にあるものを表すために使用されます。
  • プロム(パーティー)
    pre 前に
    promの語源は「promenade」です。フランス語で「散歩」という意味の「promener」が元になっています。もともとは歩くこと自体を指していたが、イギリスでは海辺の散歩道を指すようになった。そして、その散歩道で行われるダンスイベントが「promenade dance」から縮められて「prom」と呼ばれるようになった。現在では、高校の卒業式でのフォーマルダンスを指す言葉として使われています。
  • 傾向がある
    pre 前に
    「prone」の語源は、ラテン語の「pronus(プロヌス)」から来ています。「pronus」は、「前方に傾く、俯向く」という意味があります。英語の「prone」は、このラテン語の「pronus」から派生したものです。この言葉は、「傾向がある、しがちである」という意味を表しています。
  • おおよその
    a ~の方向へ
    approximateの語源は、ラテン語のapproximareから来ています。approximareは、「近づく」という意味で、これが英語に取り入れられ、approximateという言葉が生まれたのです。approximateは、おおよその、近似的なという意味を持ちます。
  • プロセッサー
    pre 前に
    processorの語源は、英語の「process」という単語から来ています。この単語はラテン語の「processus(前進、進行)」がルーツで、そこから派生して英語に入った言葉です。processorは、情報を処理するための装置を指す言葉として用いられています。
  • 推進者
    mov 動く
    promoterは「促進する人」という意味があります。語源はラテン語のpromotorで、「前進する人」という意味があります。この語は、promovere(前進する)という動詞から派生しました。
  • 問題のある
    pre 前に
    problematicの語源は問題を抱えた、難問であるという意味を持つ文語的な表現である「problematical」に由来している。この語は中世ラテン語の「problematicus」、更に古代ギリシャ語の「problematikos」に由来しており、「問題を引き起こす」という意味がある。
  • 過保護にする
    over 超えて
    overprotectの語源は「over(過剰に)」と「protect(保護する)」が組み合わさったものです。つまり、ある人や物を過剰に保護することを表しています。この言葉は、英語で定着していますが、日本語でも「過保護」として広く用いられています。
  • 夢中にする
    ob ~に対して
    preoccupyの語源は、ラテン語の“praeoccupare”から来ており、「占領する、先に占める」という意味を持ちます。前に来る「pre-」と占領する「occupy」が合わさった言葉で、先に何かを占めるように頭を占有しているという意味があります。また、中世には神に心を占められることを意味する用い方もされていました。
  • 表現
    re 再び
    representationの語源は、ラテン語の「re-」(再び)と「presentare」(示す)から来ています。「再び示す」という意味で、演技や図形などの表現方法を示す単語です。
  • 次第に
    pre 前に
    progressivelyの語源は、ラテン語の"progressus"(進歩した、前進した)から来ています。その後、フランス語の"progressif"に影響を受け、英語に取り入れられました。progressiveは、徐々に進歩していくという意味を持ちます。
  • 宣言する
    cla
    「Proclaim」の語源は、ラテン語の「proclamare」から来ており、「外に向かって呼びかける」という意味があります。また、「pro(前)」と「clamare(呼ぶ)」の組み合わせで構成されています。カリブ海や南アフリカで創られたということも知られています。
  • 支柱
    pre 前に
    propの語源は16世紀にフランス語で使われていた“supporter”から来ています。その後、英語に取り入れられ、特に演劇の世界で使われるようになりました。propは、舞台上で演者が使う小道具やセットの支え役を意味しています。
  • プロパガンダ
    pre 前に
    propagandaの語源は、ラテン語の「propagare(伝える)」に由来しています。元々は、キリスト教の信仰を広めるために使用されていた言葉でした。現在の意味は、政治的、社会的、宗教的なメッセージを、意図的に偏った視点で伝えることを指します。
  • 再生産
    re 再び
    「reproduction」の語源はラテン語の「re-」(再び)と「productio」(生産、創造)から来ています。つまり、「再び生み出す」という意味があります。生物学的な意味では、この単語は子孫を生み出すことを指しています。
  • 起訴する
    pre 前に
    prosecuteの語源はラテン語のprosecutusから来ており、pro(前に)とsequi(ついて行く)の合成語です。つまり、prosecuteは「前進して追跡する、訴える」という意味を持ちます。
  • 予言どおりに
    dic 言う
    predictablyの語源は、英語の単語「predict」に由来します。この単語は、「予測する」という意味があります。そのため、predictablyは「予測可能な」という形容詞として使用されます。
  • 抗議者
    pre 前に
    protesterの語源は「抗議する人」という意味の英語動詞「protest」に由来します。プロテステスは、ラテン語の「protestari」に由来し、「証言する」「宣言する」という意味があります。1730年代に英語に導入され、19世紀に「protester」の形で一般的になりました。
  • 即興でやる
    in ~ない
    improviseの語源は、ラテン語の「improvisus」から来ています。この言葉は、直訳すると「不意の」や「思いがけない」という意味があります。improviseの現代的な意味は、予定されていなかった状況で対応することを意味し、その場で創造的なソリューションを考え出すことを指します。
  • 準備
    pre 前に
    preparatoryの語源は、ラテン語の"praeparatorius"から来ています。これは"準備する"または"用意する"を意味します。preparatoryは、何かをするために必要な準備や準備段階を指す形容詞です。例えば、preparatory schoolは、大学に進学するための準備段階である高校を指します。
  • 多重プロセッサー
    pre 前に
    多重処理を行うコンピューターのことを指すmultiprocessorの語源は、英語の「multi-」(多くの)と「processor」(処理装置)から来ています。つまり、複数の処理装置を搭載していることを意味しています。
  • いたる所ににある
    pre 前に
    prevalentの語源はラテン語の"praevalens"で、「支配的な、圧倒的な」を意味します。英語に転じた際には、「広く普及している、一般的な」という意味になりました。
  • 望ましい
    fer 運ぶ
    「preferable」は、「prefer」(好む)に由来します。英語の「prefer」はラテン語の「praeferre」という言葉から来ており、「praefere」という形で、"先に置く"という意味があります。この言葉は、さらに「prae(前)」そして「ferre(持ってくる)」という語根に分けられます。したがって、「preferable」は、選択肢の中で最も好ましいとされるものを意味します。
  • 利益なしで
    un 〜でない
    「unprofitably」は、「profitable(利益を生む)」に「un-」(否定的な接頭辞)がついた形容詞です。「profit」はラテン語の「proficere」から来ており、「進む、成功する」という意味があります。その後「利益」という意味に変化し、「profitable」は「利益を生む」という意味を持ちます。「unprofitably」は「利益を生まない」という意味を持ちます。
  • 初演
    pre 前に
    premiereの語源はフランス語で「最初の」という意味の「première」から来ています。英語においては、特定の作品やイベントが初めて公開・開催されることを表す言葉として使われます。
  • 売上高
    pre 前に
    「proceeds」の語源はラテン語の「procedere」から来ており、「前進する、進む」という意味があります。英語では、商取引や競売の利益や収益を示す言葉としても使われています。
  • 予備的な
    pre 前に
    preliminaryは、ラテン語の「praeliminarius」という言葉が起源で、接頭辞の「prae(前)」と「limen(門)」が結合したものです。つまり、事前の、前段階の、準備的なという意味を持ちます。
  • 不適切に
    a ~の方向へ
    inappropriatelyの語源は、ラテン語の「inappropriatus」から来ており、「不適切な」という意味を持っています。ここでの「in-」は「不、非(=not)」を表し、「-appropriatus」は「適切に置かれた」という意味の単語「appropriatus」の過去分詞形です。つまり「inappropriately」は、本来必要とされるような方法でなされていないことを表す形容詞です。
  • 時期尚早な
    pre 前に
    prematureの語源は、ラテン語の「praematurus」から来ています。praematurusは「先走りの、早すぎる」という意味であり、プレフィックスの「prae」は「前に、先に」、接尾辞の「-maturus」は「成熟した、時期を迎えた」という意味があります。つまり、prematureとは「時期尚早な、早すぎる」という意味を持つ英単語です。
  • 大統領の
    sit 座る
    presidentialの語源は「president」という単語です。この単語はラテン語の「praesidens(プレシデンス)」から来ており、「保護者、守護者、最高責任者」という意味があります。また、英語では、アメリカ大統領を指す「president」という単語もあります。したがって、presidentialは、「大統領の、大統領らしい」という意味を持っています。
  • 延ばす
    long 長い
    prolongの語源は、ラテン語の「prolongare」から来ています。これは、「pro(前に)」と「longus(長い)」を組み合わせた言葉で、文字通り「長くする」という意味を持ちます。オリジナルのラテン語の綴りは「prolongare」であり、現代英語の「prolong」に直接繋がりました。
  • 名声のある
    str 伸ばす
    prestigious(プレスティジャス)の語源は、ラテン語のpraestigiosis(プレスティジオシス)から来ています。これは、「騙しの、幻影の」という意味を持ちます。後に、フランス語のprestigieux(プレスティジュー)に変化し、英語に入ったとされています。現在では、高名な、威光のある、という意味を持っています。
  • 熟達して
    fac 作る
    「Proficiently」は、ラテン語の「proficere(前進する)」という動詞に由来します。この動詞は、「pro(前)」と「facere(する)」の合成語であり、「進歩する、成長する」という意味を持っています。その後、英語に取り入れられ、現代では「熟練している、上手に、スムーズに」という意味を持つ形容詞として使用されています。
  • 不採算の
    un 〜でない
    unprofitableの語源は、ラテン語の"non"(否定)と"profectus"(利益)が組み合わさったもので、"利益がない、収益性のない"という意味を持つ形容詞です。
  • 熟達
    fac 作る
    「proficiency」は「熟達」という意味があり、ラテン語の「proficiens」が語源となっています。その語の意味は「前進する、向上する」というもので、何かを熟達するために前進し、向上することが必要だという思想が込められています。
  • 認めない
    a ~の方向へ
    dis-は「否定する」という意味のラテン語の接頭辞で、approveは「承認する」という意味のラテン語の動詞です。つまり、disapproveは「否定的に承認しない」という意味になります。
  • 先例のない
    un 〜でない
    unprecedentedは、「前例のない」という意味を持ちます。その語源は、前置詞の「un-」(「無い」という意味)と、定詞の「precedent」(「先例」という意味)からきています。つまり、「前例の無い」という意味が現代英語のunprecedentedという単語になったのです。
  • 気取らない
    un 〜でない
    unpretendingの語源は「pretend(偽装する)」に接頭辞の「un-」を付けた形であり、「偽装していない、謙虚な」という意味を持つ。英語の語源には、ラテン語、フランス語、ギリシャ語などが含まれるが、unpretendingは比較的新しい言葉で、18世紀に生まれたとされる。
  • 互恵
    re 再び
    reciprocityの語源は、ラテン語の「reciprocare」から来ており、「交換する、応答する」という意味を持ちます。日本語では「相互性」と訳されます。人と人、国と国、企業と顧客などの関係性において、お互いに利益を与え合うことが大切です。
  • 多産の
    pre 前に
    prolificの語源はラテン語の「prolificus(子供をたくさん産む)」です。この言葉は「pro(前)」と「alere(養う)」の組み合わせに由来しています。つまり、「たくさん養う」という意味で、その後「生産力が豊富な」「多産な」という意味でも使われるようになりました。
  • 正確さ
    pre 前に
    「precision」の語源は、ラテン語の「praecisionem」から来ています。「praecisio」は「切り落とすこと」を意味し、英語に転じて「precise」や「precision」として使われるようになりました。つまり、precisionは、細かな部分を正確に切り出すことを意味しています。
  • 突出部
    pre 前に
    prominenceの語源は、ラテン語のprominere(突き出る)に由来しています。この単語は、英語の「prominent(著名な)」と同様に、物事が目立つ、重要である、際立っているという意味を表します。
  • 気取らない
    un 〜でない
    「un-(否定的接頭辞)+pretentious(自慢する)」が語源です。つまり、unpretentiousは「謙虚な」という意味になります。
  • 圧倒的に
    pre 前に
    predominantlyの語源は、「predominate(主になる)」に「-ly」の接尾辞が付いた形で、英語の17世紀に生まれた言葉です。これはラテン語のprae(前)とdominārī(支配する)から来ており、主導権を持つ、支配的な、優勢なという意味を表します。
  • 近づきがたい
    a ~の方向へ
    「unapproachable」の語源は、接近できないという意味を持つ「approachable」という形容詞に、「un-」という接頭辞を付けて否定形にしたものです。つまり、「unapproachable」は「接近できない、近づきがたい」という意味を持ちます。接頭辞「un-」は、英語でよく使われる否定の接頭辞であり、「非〜、〜できない」という意味を表します。
  • 不採算
    un 〜でない
    unprofitabilityの語源は、英語の「un-」(否定を表す接頭辞)と「profitability」(利益性)から来ています。つまり、「unprofitability」は「利益をもたらさない状態または性質」という意味を持ちます。
  • 反証する
    dis 離れて
    disproveの語源は、ラテン語の"disprobat"から来ています。"dis"は"否定"を示し、"probat"は"証明する"を意味します。つまり、disproveは"証明を否定する"という意味の単語です。
  • 宣言
    pre 前に
    「proclamation」は、ラテン語の「proclamare」からきています。これは「叫び出す、声明する」という意味があります。つまり、proclamationは公式の声明や宣言を意味する英単語です。
  • 予防措置
    pre 前に
    precautionの語源は、ラテン語の"praecautio"から来ています。"praecautio"は"先手を打つこと"、"用心すること"を意味しており、英語のprecautionと同じ意味を持ちます。
  • 顕著に
    pre 前に
    prominentlyの語源は、「prominent」という形容詞に由来します。これは、ラテン語の「prominens」(突き出た、際立った)に由来し、同じ意味を持ちます。このように、英語の多くの単語は、ラテン語や古フランス語からの借用語です。
  • 前もって定める
    pre 前に
    「predetermine」の語源は、ラテン語の「praedeterminare」から来ています。この動詞は、「前もって決定する」という意味があります。
  • 持ち主
    pre 前に
    proprietorは、ラテン語の「proprius」(自己のもの)と「-ator」(~する人)から派生した英単語です。つまり、その店や施設の所有者であることを示しています。
  • 投影
    ject 投げる
    「projection」はラテン語の「proiectio」から来ており、「前方への投げる」または「突き出す」という意味を持ちます。
  • 近接
    pre 前に
    proximityの語源はラテン語のproximusからきており、proximusは「最も近い」を意味しています。プロクシミティとは、近接や接近という意味で、何かが非常に近い位置にあることを表します。例えば、2つの物体が距離的に非常に近いとき、それらはproximityにあると言えます。
  • 促進させる
    mov 動く
    「promotional」の語源は、「promote」(促進する)から来ています。この単語は、ラテン語の「promovere」から派生しました。この単語は、「前に進む」という意味の「pro」、そして「動かす」という意味の「movere」から成り立っています。 したがって、「promotional」とは、商品やサービスを前進させるために行われる広報、宣伝、マーケティングに関するものを意味します。
  • 増殖
    pre 前に
    proliferationの語源は、Latinのproliferareから来ています。"pro"は“前へ”を意味し、"liferare"は“生む”を意味します。したがって、proliferationは“増殖、拡散、繁殖”を意味する語です。
  • 先制の
    pre 前に
    preemptiveの語源は「preempt」から来ています。この言葉は「先手を打つ」という意味があります。つまり、preemptiveとは、あらかじめ手を打つという意味になります。この言葉は主に、戦争やビジネスの分野で使用されます。
  • 不正確に述べ
    mis 悪い
    misrepresentの語源は、ラテン語の「mis-」(不適切な、不正確な)と「representare」(表す、表現する)に由来しています。つまり、「misrepresent」とは、不正確かつ誤った形で表現することを意味します。
  • 前提
    pre 前に
    premiseの語源は、ラテン語の「praemissa」から派生した英語の「premise」で、"前提"や"仮定"の意味を持ちます。この語は主に哲学や論理学で使用されますが、ビジネスや日常会話でもよく用いられています。