語源 graph

English Etymology : graph

graph gra gla
書く、描く
語源graph
  • 電信的に
    tele 遠く
    「telegraphically」の語源は、「telegraph」という言葉に由来しています。 「telegraph」とは、電信を意味する言葉で、電報を送る際に使用されます。「-ically」は、副詞を作る接尾辞です。つまり、「telegraphically」は「電報的に」という意味になります。
  • グラム
    graph 書く
    「gram」は、ギリシャ語の「グラマ」という単語から来ています。グラマは「筆記」という意味があり、定規を使った測定にも用いられます。したがって、グラマから派生した「gram」は、重さを測定するための単位として使われるようになりました。
  • プログラム
    graph 書く
    programの語源は、ラテン語の「programma」から来ており、「指示書、計画書」という意味がある。これが英語に取り入れられ、現在では「プログラム」としてコンピューターの指示書や、イベントやショーのプログラムなど様々な意味で使われるようになった。
  • 写真
    graph 書く
    photographの語源は、ギリシャ語の「phōs(光)」と「graphē(書く)」に由来します。つまり、写真という言葉は、光を書くという意味になります。これは、光を感光剤に写し取り、現像することで、光によって作られた画像を作るという現代の写真技術においても変わりません。
  • グラフ
    graph 書く
    graphの語源は古代ギリシャ語の「γράφω(graphein)」に由来する。この単語は「書く」「描く」という意味があり、英語では「write」「draw」などに相当する。その後、graphは現代に至るまで、図形や表などを描くための言葉として使われてきた。
  • 写真家
    graph 書く
    photographerの語源は、ギリシャ語の「phōs(光)」と「graphein(書く)」から来ています。つまり、光を写真に記録する人という意味になります。
  • プログラマー
    pre 前に
    programmerの語源は、英語の動詞「to program(プログラムを作成する)」から来ています。プログラムとは、「プログラマーが作成するコンピューターソフトウェアの指示書」という意味があります。プログラマーは、この指示書を作成し、コンピューターによって実行されるようにします。
  • 文法
    graph 書く
    「grammar」の語源は、古代ギリシャ語の「γραμματική」(grammatikē)から来ています。「grammatikē」は、文法や文字の研究を指す言葉で、ラテン語の「grammatica」に転化され、英語には「grammar」として取り入れられました。
  • graph 書く
    「Graphic」は英語で「図形的な」「図像的な」といった意味があり、語源は古代ギリシャ語の「graphikos」からきています。これは「描写する」「書く」といった意味があり、転じて「図形を描く」という意味にもなりました。現代英語では、写真やデザインなどの図形を使った表現を示す際に広く使われています。
  • 写真撮影
    graph 書く
    photographyの語源は、ギリシャ語の「phos(光)」と「graphē(書く)」から来ています。つまり、写真とは光を書くということです。
  • 段落
    para 横に
    「Paragraph」という単語は、ラテン語の「paragraphus」という言葉から来ています。これは、「小さな横線」を意味する「grafus(グラフス)」と「横線で分ける」を意味する「parare(パラレ)」が合わさったものです。つまり、文章を細かく分ける横線であることが由来となっています。
  • 伝記
    bio 生きる
    biographyの語源はギリシャ語の「βίος」(生命)と「γράφειν」(書く)からきています。つまり、生涯を記録するために書かれた文書を指します。生涯を詳しく書いた伝記は、人物について深い理解を得るために役立ちます。
  • 地理学
    ge 地球
    「geography」は、ギリシャ語の「geographia」が語源です。この語は、「地球」と「記述」を意味する言葉から成り立ちます。つまり、「geography」は、地球の特徴や分布を記述する学問です。
  • 電報
    tele 遠く
    「telegraph」の語源は、ギリシャ語の「tele(遠く)」と「graphos(書く)」から来ています。つまり、「遠くから書く」という意味になります。telegraphは、遠距離通信をするための機械の名前としてもよく使われます。
  • 自筆
    auto 自ら
    autographの語源は、ギリシャ語の「autos(自己)」と「graphos(書く)」に由来しています。つまり、自分で書いたサインのことを指します。学生には、語源がわかることで英単語を覚えるのに役立ちます。
  • プログラム
    pre 前に
    「programme」の語源は、「プログラム」とも訳される「プログラム」です。これは、ラテン語の「programma」から来ており、「書かれたもの、公式の命令」などの意味を持ちます。英語で「programme」は、イベントやショーのスケジュール、計画、プログラムなどを意味します。
  • 伝記の
    graph 書く
    biographical は「人物の生涯に関する」という意味を持ちます。語源はラテン語の「biographia」で、"bio-" は「生命」を意味し、"-graphy" は「筆記」という意味です。つまり、「biographical」は文字通り「生命を記す」という意味があります。人物の生涯を伝える書物、映画、または他の形式の作品は、biographicalと呼ばれます。
  • graph 書く
    Diagramの語源は、ギリシャ語の"diagramma"から来ています。"Dia-"は「途中でわかれるまたは通過する」という意味を持ち、"-gramma"は「書かれたもの」を意味します。和訳すると、「途中でわかれた書かれたもの」という意味になります。
  • プログラミング
    graph 書く
    programmingの語源は、英語のprogram(計画する)に由来しています。元々は機械に命令を与えることを指していたが、現在ではコンピューターシステムを開発するプロセス全般を指しています。
  • 直径
    metr はかる
    「diameterの語源は、古代ギリシャ語の‘diaitros’から由来しています。これは、‘dia’(2つのものの間)と‘itros’(切断された物)の合成語で、円の中心を通り、対向する2点を結ぶ線分を表しています。」
  • 地理の
    graph 書く
    geographicは、「地理的な」という意味の形容詞であるが、その語源はギリシャ語の「geo(地球)」と「graphē(書くこと)」から派生したものである。つまり、地球の地形や位置を表現するために書かれることに由来している。
  • 文法上の
    graph 書く
    grammaticalの語源は「grammar(文法)」です。この言葉は、ラテン語の「grammatica」に由来します。ラテン語では、この言葉は文字の学問、すなわち、文字の構造や用法を学ぶ学問を指していました。後に、文法の概念に拡張され、現在では言葉の構造や用法を研究する学問・知識を指すようになりました。
  • 写真の
    graph 書く
    photographicの語源はギリシャ語の「phōtos(光)」と「graphē(書き物)」に由来します。このことから、photographicは光を使って映像を撮影する技術や写真のことを指します。
  • 地理の
    graph 書く
    「geographical」の語源は、ギリシャ語の「γεωγραφικός(geōgraphikós)」です。 「γεω(geo)」は「地球」を意味し、「γραφή(graphē)」は「書くこと」を意味します。したがって、「geographical」は、「地理を書く」という意味を持ちます。
  • コリオグラファー
    graph 書く
    「choreographer」の語源は、ギリシャ語の「χορός(choros)」(舞踊)と「γραφέω(grapheo)」(書く)から来ています。つまり、「舞踊を書く人」という意味です。現代では、ダンスや演劇作品の振付けを担当する人を指します。
  • リトグラフ
    graph 書く
    「lithograph」という語源は、ギリシャ語の「lithos(石)」と「graphos(書く)」に由来しています。つまり、石に描くという意味です。lithographは、石版画のことを指し、石を用いて版を作り、その上にインクを塗布して印刷する技法です。
  • 映画製作
    graph 書く
    「cinematography」の語源は、ギリシャ語の「kinema(動き)」と「graph(書く)」に由来しています。つまり、動画を制作する技術やアートのことを指している言葉となっています。
  • 伝記作者
    graph 書く
    biographerの語源はギリシャ語のbiographos(生涯を記述する人)に由来します。bi-は「二つの」という意味で、graphosは「書く」という意味があります。つまり、biographerは「人生を二つに分けて描写する人」という意味になります。
  • ポルノ
    graph 書く
    pornographyの語源は、ギリシャ語の「πόρνη(porne)」(娼婦)と「γράφειν(graphein)」(書く)から来ています。つまり、「娼婦を描く」という意味です。今では性的な表現を含むものを指しますが、元々は娼婦を描いた絵画や文章などを指していたのです。
  • 人口統計学者
    graph 書く
    demographerの語源は「demos(人民)+ -grapher(測定する人)」です。つまり、人口を調査・分析する人のことを指します。人口学者とも呼ばれます。
  • 分光器
    graph 書く
    spectrographの語源は、「spectrum(スペクトル)」と「graph(グラフ)」から来ています。スペクトルは光の分光を表し、グラフは図表や曲線を表す言葉です。つまり、spectrographは「光の分光を図表化する装置」を意味します。
  • 石墨
    graph 書く
    「graphite」の語源は、ギリシャ語の「graphein」という言葉です。これは「書く」という意味があり、graphiteは鉛筆の芯の素材として使われることからこの名前がついたと考えられています。
  • 地理的条件からすると
    graph 書く
    「geographically」は「地理的に」という意味を持ちます。「geography」は「地理学」という意味で、ギリシャ語の「geographia」から派生した言葉です。geographia は「地球の描写」という意味で、geo(地球)+graphia(書くこと)から成り立っています。つまり、「geographically」は、「地理学的に」という意味の派生語といえます。
  • 宛名印刷機
    a ~の方向へ
    addressographの語源は「address」と「graph」から成り立ちます。addressは住所、graphは書くことを意味します。つまり、addressographは住所を書くための機械を指します。語源にラテン語やフランス語の影響はありません。
  • 失書症
    graph 書く
    「agraphia」の語源はギリシャ語の「a」(not)と「graphia」(writing)です。つまり、「書けない状態」を表します。この状態は、脳損傷、先天性の障害、または漢字を書くように練習していない場合に起こることがあります。
  • 代筆
    ali 他の
    「allographの語源は、ギリシャ語の「allo-(異なる)」と「graph-(文字)」から来ています。つまり、異なる形式で書かれた同じ単語の別の表記を意味します。例えば、「colour」と「color」は同じ単語の異なるアログラフです。」
  • アナグラム
    ana 〜の上に
    anagramの語源は、ギリシャ語の「ana(再び)」と「gramma(文字)」に由来します。つまり、anagramとは単語やフレーズの文字を入れ替えて、新しい言葉を作ることを指します。例えば、「listen」と「silent」はanagramの例です。
  • アナグラム
    ana 〜の上に
    anagrammatiseの語源は、ギリシャ語の"ana"(逆または反対)と"gramma"(文字)に由来し、"anagram"(風刺的な単語の遊び)に関連しています。anagrammatiseは、言葉を入れ替えたり、再配置したりすることによって新しい言葉を作成するプロセスを指しています。これは、文学、語学、記号論などの分野で広く使用されています。
  • アナグラム
    ana 〜の上に
    anagrammatizeの語源は、「anagram」という言葉に由来しています。anagramとは、単語や文の文字を入れ替えて新しい単語や文を作ることを意味します。そして、anagrammatizeは、このような作業を行う動詞です。この言葉は、16世紀のギリシャ語である「ana-」(再び)と「gramma」(文字)から来ています。
  • 血管造影法
    graph 書く
    「angiography」は、ギリシャ語の「angeion」(血管)と「graphein」(書く/描く)から派生しています。つまり、血管を描写する技術を指しています。
  • 失書症
    orth 正当な
    anorthographyの語源は、ギリシャ語の"an"(否定)と"orthos"(正しい)から来ており、「正しい綴りではない」という意味を持ちます。つまり、誤った綴りを指す言葉となっています。
  • 動脈造影法
    graph 書く
    arteriographyの語源は、Greekの“arteria”(動脈)と“graphia”(記録)からきています。つまり、動脈を記録することを意味しています。
  • 自叙伝作者
    graph 書く
  • 自叙伝の
    graph 書く
    autobiographicの語源は、ギリシャ語「autos(自分)」、「bios(生活)」、「graphien(書く)」が由来で、自分自身の人生を書くことを意味しています。日本語では「自叙伝的」と表現されます。
  • 自叙伝
    bio 生きる
    autobiographyは、ギリシャ語の"autos"(自分自身)と"bios"(生活)と"graphein"(書く)が組み合わさった言葉です。つまり、自分自身の生活を書いたものを意味します。
  • 自筆の
    auto 自ら
    autographicの語源は、ギリシャ語の"autos"(自己)と"graphos"(書くこと)から来ています。この言葉は、自分自身で書いたものを指したり、自己署名の意味があります。
  • 自筆の
    auto 自ら
    autographicalの語源はギリシャ語のautos(自分自身)とgraphos(書く)から来ています。つまり、自分自身で書かれたものを意味しています。また、autobiographicalという単語も同じ語源を持ち、自分自身の人生について書かれたものを意味しています。
  • オートラジオグラフ
    graph 書く
    autoradiographの語源は、auto(自己)+ radiograph(放射線写真)から成り立ちます。この言葉は、自己放射能性の物質から生成された放射性画像を指します。この技術は、医学や生物学の分野で広く用いられており、特に細胞や分子観察に欠かせないものとなっています。
  • 自記気圧計
    graph 書く
    「barographの語源は、ギリシャ語の「baro」(重さ)と「graph」(書く)からきています。barographは、気圧の変化をグラフにして記録する機器です。」
  • 書誌学者
    graph 書く
  • 書誌学の
    graph 書く
    「bibliographic」の語源は、ギリシャ語の「biblios(書物)」と「graphos(記す)」が結合したもので、書籍・資料などの情報を収集し、整理するための方法や技術を指します。つまり、書誌学という学問領域に関する語彙として使われます。
  • 書誌学
    graph 書く
  • 生物地理学
    ge 地球
    「biogeography」の語源は、ギリシャ語の「bios(生命)」と「geographia(地理学)」に由来しています。つまり、「生物の分布を地理学的に研究する学問」という意味になります。
  • 伝記の
    graph 書く
    「biographic」の語源は、「bio-」は「生命、生物」を示し、「-graphy」は「書物、記録」という意味がある。つまり、「biographic」は、ある人物や生物の人生に関する書物や記録を意味する英単語である。
  • 乱筆
    graph 書く
    cacographyの語源は、ギリシャ語の"kakos"(悪い、不良な)と"graphein"(書く)からきています。つまり、汚い・下手な文字を書くことを意味する言葉です。
  • 書家
    graph 書く
    「Calligrapher」の語源は、ギリシャ語の「kallos」(美)と「graphein」(書く)が合わさった言葉「kalligraphos」から来ています。これは美しい文字を書く人を表す言葉で、日本語でも「書道家」と訳されます。
  • 書家
    graph 書く
    「Calligraphist」の語源は、「calligraphy(カリグラフィー)」という言葉から来ています。calligraphyとは、美文字や書道のことを指しています。そこから、「-ist」がついて、calligraphistという言葉が生まれました。つまり、calligraphistは、美しい文字を書くことに特化した芸術家や職人を指す言葉となっています。
  • カリグラフィ
    graph 書く
    「Calligraphy」の語源は、ギリシャ語の「kallos(美)」と「graphos(書く)」から来ています。つまり、文字を美しく書く技術や芸術のことを指します。日本の書道も「calligraphy」として知られています。
  • 心電計
    graph 書く
    cardiographの語源は、「cardio(心臓)」と「graph(書く、描く)」が合わさったもので、心拍数をグラフとして描く機械のことを指します。この言葉自体は19世紀に医学的機器として開発されたもので、比較的新しい語彙に属します。
  • 製図家
    graph 書く
    cartographerの語源は、ギリシャ語の"χαρτογράφος"(kartografos)からきています。"χάρτης"(kartes)は地図を意味し、"γράφειν"(graphein)は書くことを意味します。つまり、cartographerは地図を書く人、地図師を意味します。
  • 製図
    graph 書く
    cartographyの語源は、ギリシャ語のχάρτης(chartes:地図)とグラフειν(graphein:書く)から来ています。つまり、地図を書くことを意味します。この言葉が最初に使われたのは、16世紀のヨーロッパでした。
  • 表意文字
    graph 書く
    chirographyの語源は、ギリシャ語の"cheir"(手)と"graphein"(書く)から来ています。つまり、手で書くことを意味しています。英語では、手書きの技術やスタイルを表す言葉として使用されます。
  • 振りつける
    graph 書く
    choreographの語源は、ギリシャ語の"χορός"(踊り)と"γραφή"(書き込み、表現)から来ています。つまり、choreographはダンスの振り付けや演出を表す言葉であるということです。
  • 壌付け
    graph 書く
  • 色層分析
    graph 書く
    chromatographyの語源は、Greek語の"chroma"と"graphein"から来ており、「色」と「書く」という意味があります。色素を分離する手法であるため、「色」という言葉が取り入れられました。
  • クロノグラフ
    graph 書く
    chronographの語源は、ギリシャ語のchrono(時間)とgraph(記録する)が合成された言葉です。そのため、chronographは時間を計測、記録するための装置や時計を指します。現代のクロノグラフは、通常、秒針とストップウォッチ機能を組み合わせたものです。
  • カメラマン
    graph 書く
    「cinematographer」の語源は、ギリシャ語の「kinema(動き)」と「graph(書く)」から来ています。つまり、映像を作る人という意味です。映画撮影の専門家として、カメラ位置やライティングなどの視覚的表現を調整し、映画の演出者や監督をサポートする重要な役割を果たしています。
  • 天地学
    graph 書く
  • 暗号
    graph 書く
    「cryptograph」の語源はギリシャ語の「kryptos」(秘密の)と「graphē」(書くこと)から来ています。つまり、秘密の書き物という意味です。この言葉が現代の意味での暗号化や暗号解読にも関連づけられるようになったのは、19世紀に入ってからです。
  • 暗号使用者
    graph 書く
  • 暗号の
    graph 書く
    cryptographicの語源は、ギリシャ語の"kryptos"(秘密の意味)と"graphein"(書く意味)から派生しています。つまり、暗号化という言葉が生まれたときには、秘密を書くための技術として考えられたわけです。
  • 暗号の
    graph 書く
    「cryptographical」は「暗号学的な」という意味の英単語です。その語源は、「κρυπτός(kryptos)」というギリシャ語の語根から来ており、「隠された」「秘密の」という意味を持ちます。この語は、暗号解読や情報の暗号化に関する研究分野で用いられます。
  • 暗号学
    graph 書く
  • カイモグラフ
    graph 書く
    "cymograph"の語源は、ギリシャ語の"κῦμα"(波)と"γράφειν"(書く)から来ています。つまり、波を描く装置という意味です。この装置は、音波や心拍数などの振動をグラフに描くために使用されていました。
  • 人口統計学の
    graph 書く
    demographicの語源は、ギリシャ語のdēmos(人民)と、グラフェイン(書く)から来ています。つまり、人口に関する統計情報を書き記すことを指しています。また、人口統計学という学問分野にも関連しています。
  • 人口統計学
    graph 書く
    「demography」の語源は、ギリシャ語の「demos(人々)」と「graphy(記述)」から来ています。つまり、人口の統計や特性を記述する学問という意味があります。人口統計学は、人々の出生、死亡、移住、婚姻、離婚などを研究する社会科学の一分野です。
  • 図表で表した
    graph 書く
    diagrammaticの語源は、ラテン語のdiagrammaから派生したもので、図表、図式を意味します。diagrammaは、ギリシャ語のdiagramma(図、図表)から来ており、dia(通過、分離)とgramma(書く、記録する)の合成語です。つまり、diagrammaticは図表的なという意味を持ちます。
  • 図表で
    graph 書く
    「diagrammatically」の語源は、「diagram」+「-ically」です。 「diagram」はラテン語の「diagramma」から派生し、ギリシャ語の「diagramma」は「書き込まれた図形」という意味です。 「-ically」は、英語の形容詞を作るために使われる接尾辞です。 つまり、「diagrammatically」は、図表的にという意味になります。
  • 有向グラフ
    graph 書く
    digraphは、ギリシャ語の"di"(二つの)と"graph"(文字)から来ています。これは、二つの文字が結合して1つの音を表すことを意味しています。例えば、"sh"や"th"などが挙げられます。
  • 心臓超音波検査
    graph 書く
    echocardiographyの語源は、"echo"という単語と"greek"という言葉からきています。"echo"は「反響」という意味で、"greek"は古代ギリシャ語を指します。つまり、echocardiographyは「心臓の反響画像」という意味を持つ英単語です。
  • 超音波検査法
    graph 書く
    「echography」は、「echo(エコー)」と「graph(図表)」の合成語です。エコーは音波を用いて物体の位置や形状を検出する技術であり、その図表化を指す「graph」が付け加えられてechographyが生まれました。日本語では「超音波診断」と訳されます。
  • 心電計
    graph 書く
    「electrocardiograph」という言葉は、ギリシャ語の「kardia」(心臓)、「graphē」(書き記す)、「electro」(電気)から来ています。つまり、それは電気的に心臓の活動を記録する装置を意味します。
  • 筋電計
    graph 書く
    electromyographの語源は、"electro"は電気を意味し、"myo"は筋肉、"graph"は記録することを意味しており、筋肉の電気信号を記録する装置という意味があります。直訳すると「電気筋肉記録器」です。
  • 筋電図検査
    graph 書く
    「electromyography」の語源は、「electro」(電気)、「myo」(筋肉)、そして「graphy」(記録)から派生しています。つまり、「電気的に筋肉の動きを記録すること」を意味しています。この用語は、1920年代に医学研究や運動生理学の分野で発展し、筋肉活動の計測に使用されています。
  • 脳造影法
    graph 書く
    encephalographyの語源は、Greekの"encephalon"(脳)と"graphein"(書く)から来ています。そのため、encephalographyは脳を書き記す技術を意味します。
  • 警語
    graph 書く
    「epigram」の語源は、ギリシャ語の「epi-」(上に)と「graphein」(書く)から来ています。つまり、「上に書く」という意味です。元々は短い詩や格言のことを指していましたが、現代では単に風刺的な言葉遊びや意味深な言葉のことを指すことが多くなっています。
  • 警句の
    graph 書く
    epigrammaticの語源はギリシャ語の“epigramma”から来ており、"graphein"という言葉と合わせて、"inscribed"という意味を持つ言葉です。文字通り、簡潔で精密に表現された言葉を意味しています。
  • エピグラフ
    graph 書く
    「epigraph」という言葉は、ギリシャ語の「epigraphein」から派生しました。この言葉は、「刻む」という意味があり、特に碑文や銘文を刻むことを意味しています。この意味から、本や文章の冒頭に置かれる引用文や、題字、署名を指して「epigraph」という言葉が使われるようになりました。
  • 金石学
    graph 書く
    「epigraphy」は、ギリシャ語の「epigraphein」に由来します。この言葉は、「刻む」「刻印を入れる」という意味を持っています。したがって、「epigraphy」とは、碑文や文字を石などに刻んで残すことを指す言葉です。
  • 民族誌学者
    graph 書く
  • 民族誌
    graph 書く
  • 地理学者
    graph 書く
    「geographer」の語源は、ギリシャ語の「geo」(地球)と「graphia」(書くこと)から来ています。つまり、「地球を書く者」という意味です。地理学者は地球の自然や人間の活動について研究し、地図などに表現することが役割です。
  • 地理科
    graph 書く
    Geographicsの語源は、ギリシャ語の「geo(地球)」と「graphy(書くこと)」から来ています。つまり、「地球に関する書き物」という意味です。地理学の一分野である地理情報学(geographic information science)とは異なりますが、この用語も地球に関する情報を扱う学問分野であることに変わりはありません。
  • うっとりさせる美しさ
    graph 書く
  • 美化
    graph 書く
    「glamourise」の語源は、スコットランドの方言であるスコットランド・ゲール語の「glàmour」に由来します。これは、美しさや魅力を意味する言葉であり、英語に移植された際に、動詞化された形が「glamourise」となりました。そのため、「glamourise」は、何かを魅力的にする、美しく輝かせる、洗練させるなどの意味で使われます。
  • 魅力を添える
    graph 書く
    「glamourize」の語源は、スコットランドの言葉である「glamour」に由来します。この言葉は、昔から魔法的な力を持つ美しさや魅力を表現する言葉として使われてきました。そして、「glamourize」は、そんな美しさや魅力を演出する、つまり「美化する」という意味を持ちます。
  • 文法学者
    graph 書く
  • 文法的に
    graph 書く
    grammaticallyの語源は、ギリシャ語の「grammatikos」から来ており、「文字や文法に関する」という意味があります。この語は、ラテン語で「grammatica」として使われ、中世には英語にも取り入れられました。現代の英語では、この単語は文法に関することを指す一般的な語として使用されています。
  • 書記素
    graph 書く
    graphemeは、ギリシャ語で「文字を書く」という意味の「grapho」という単語から来ています。 つまり、graphemeは、言語の中で特定の音を表す書記素であることを意味しています。これは、英語のアルファベットのように、各文字が特定の音を表すように設計されています。
  • 図表で
    graph 書く
    graphicallyの語源は、英語の"graphic"からきており、グラフィックス、図形的な、視覚的な、画像化したなどの意味がある。見た目やデザインなどを強調する表現として、ビジネスや広告、IT、素材制作など様々な場面で使われている。
  • 画像
    graph 書く
    graphicsの語源は、ギリシャ語のgraphos(書くこと)という言葉から派生しています。この言葉は、人々が図やグラフを描いたり、文字を書いたりすることを指します。今日、graphicsは、コンピューター上での画像処理やデザインを含む広範な分野で使われています。
  • 筆跡鑑定家
    logy
  • 筆跡学
    logy
    「graphology」は、「graph(文字)」と「-ology(-学)」で構成される単語である。つまり、文字や筆跡を研究する学問であることを示している。語源の「graph」は、ギリシャ語で「書く」を意味する「graphein」に由来し、「-ology」は「学」を意味するラテン語の「-logia」から派生したものである。
  • 書痙
    graph 書く
    「graphospasm」は、ギリシャ語の「grapho」(書く)と「spasm」(けいれん)が合わさった言葉です。「grapho」は、「書く」という意味を持ち、転じて「文字を作り出す」という意味もあります。「spasm」は「けいれん」を意味する言葉です。したがって、「graphospasm」とは、文字を書く際に発生する痙攣に関連した言葉となります。
  • 聖人伝の著者
    graph 書く
  • 聖人伝
    graph 書く
  • 原色版
    graph 書く
    「hecto」はギリシャ語の「hekaton」から来ており、「百」という意味です。そして「graph」とは「書く」という意味です。つまり「hectograph」とは、1枚の紙で何度も印刷し、複数の人々に配布できる機械が使われた当時の名前であり、「百の書き物」という意味が込められています。
  • 日照計
    graph 書く
    heliographの語源は、ギリシャ語の「helios」(太陽)と「graphos」(書くこと)からきており、太陽光線を使って文字を書く装置のことを意味しています。
  • 歴史家
    stor 歴史
    historiographerの語源は、古代ギリシャ語の「historia(歴史)」と「graphein(書く)」から来ています。つまり、「歴史を書く人」という意味になります。
  • 史料編纂
    stor 歴史
    historiographyという単語は、古代ギリシャ語の「歴史」を意味する「historia」と「書く」を意味する「graphein」から派生しました。つまり、この単語は「歴史を書くこと」を指しています。
  • ホログラム
    graph 書く
    「holograph」は、ギリシャ語の「holos」(全体)と「graphein」(書く)から派生した語で、直訳すると「全体を書く」という意味を持ちます。この語は、立体的なイメージを生成するために使用される特別な写真技術であるホログラムに関連しています。
  • ホログラフィック
    graph 書く
    「holographic」という単語は、「hologram(ホログラム)」という単語に由来しています。「hologram」は、ギリシャ語の「holos(全体)」と「gram(書く)」から派生した言葉で、全体的な絵や図を書くという意味があります。そして、その「hologram」を形容する形で「holographic」という形容詞が生まれたと考えられています。
  • ホログラフィック
    graph 書く
    holographicalの語源は、「holograph」という言葉に由来しています。この「holograph」は、ギリシャ語の「holos(全体)」と「graphē(書く)」から来ており、「全体的に記録する」という意味を持ちます。holographicalは、「ホログラフのような」という意味を持ち、光学的な現象に関連する単語です。
  • ホログラフィー
    graph 書く
    holographyの語源は「hologram」という言葉から来ています。この言葉はギリシャ語の「holos(全体)」と「graph(書く)」という語から派生しています。つまり、「全体を書き表す」という意味があります。このように、holographyは、物体の全体像を再現する技術を指す英語の言葉です。
  • 同形異義語
    homo 同じ
    homographの語源は、ギリシャ語の"homos"(同じ)と"grapho"(書く)から来ています。つまり、異なる意味を持ちながら同じように書かれる言葉を指すことになります。例えば、"lead"は"鉛"や"先導する"という意味があります。しかし、どちらも同じように"lead"と書かれます。
  • 水路学
    graph 書く
    「hydrography」の語源は、ギリシャ語の「hudor」(水)と「graphia」(記述、描写)に由来しています。この言葉は、水域や海洋の地形、深さ、潮汐、海流、海底の地質等を測量し、記述する技術・学問である「水文測量学」を指します。水文測量学は、海洋開発や海洋資源の管理、航海の安全確保等に欠かせない技術であり、海洋国家として重要な日本にとっても重要な学問分野となっています。
  • 表意文字
    graph 書く
    ideographの語源は「ideo-」(意志、思想を表す接頭辞)と「-graph」(書く、記録するという意味の語尾)が合わさったもので、文字や記号を使って意味を表す言語のことを指します。日本語でも「表意文字」という意味で使われることがあります。
  • 表意
    graph 書く
    ideographyは、ギリシャ語の"ίδεα"(意思、アイデア)と"γράφειν"(書く)から派生した言葉です。意味としては、意味を表す記号(文字)を用いた表現方法のことを指します。日本語では、漢字を用いた表現がそれに当たります。
  • 辞書編集者
    log 言葉
    「lexicographerの語源は、ギリシャ語の"lexicon"(語彙)と"graphein"(書く)から来ています。つまり、語彙を書く人のことを意味します。」
  • 辞書編集
    graph 書く
    「lexicography」は、「lexico」と「graphy」から派生した言葉で、ギリシャ語の「lexicon(語彙)」と「graphia(描写)」から成り立ちます。つまり、言葉や語彙を描写・記録することを指す言葉です。この語は、辞書の作成や語彙の研究などを行う学問分野として使われます。
  • 石版画家
    graph 書く
    lithographerの語源はギリシャ語の「λίθος(lithos)」(石)と「γράφειν(graphein)」(書く)からきています。これは、石版印刷を行う職人を示す言葉でした。石版印刷は、19世紀から20世紀初頭にかけて非常に人気がありました。lithographerは、石版印刷の技術を使って美しい版画や書籍を作る専門家でした。
  • 石版の
    graph 書く
    lithographicの語源は、ギリシャ語の「lithos」という言葉からきています。これは「石」という意味で、lithographicは石版画の印刷技術に関連しています。
  • 石版の
    graph 書く
    「lithographical」の語源は、「litho-」(古代ギリシャ語で「石」を意味する)と「-graphical」(「-に関する」という意味の接尾辞)から成り立ちます。つまり、「石に関する」という意味合いを持っています。この言葉は、版画や印刷などで石版を用いた技法を表す言葉として使われます。
  • 石版印刷
    graph 書く
    「litho-」はギリシャ語で「石」を意味し、「-graphy」は「書くこと」を表す接尾辞です。つまり、lithographyは「石に書く技術」を意味します。昔、石板に書かれた文字や絵を印刷する技術を指す言葉として使われました。現在は、印刷に限らず、石に限らず、様々な方法で版画を作る技術の総称として使われています。
  • 失書症
    graph 書く
    「loga-」は「言葉」を意味するギリシャ語の「logos」から、「-graphia」は「書くこと」を意味するギリシャ語の「graphia」から来ており、logagraphiaは言葉を書くことを意味します。つまり、logagraphiaは文字や文章を用いて言葉を表現することを指す言葉です。
  • 表語文字
    log 言葉
    「logogram」の語源はギリシャ語の「logos」(言葉)と「gramma」(文字)からきています。つまり、「logogram」とは、言葉を表す記号・文字のことを指します。例えば、漢字やヒエログリフなどがlogogramの一例です。
  • 表語文字
    log 言葉
    logographは、ギリシャ語の「logos(言葉)」と「graphos(書く)」から来ています。つまり、意味を表す記号または文字を書く方法を示す言葉です。例えば、漢字はlogographsの一例です。
  • リンパ管造影法
    graph 書く
    「lymphangiography」という語は、ギリシャ語の「lymphi(リンパ液)」と「angio(血管)」、「graphy(撮影)」が合わさってできた言葉で、リンパ管の形態や機能を撮影する医療技術のことを指します。
  • リンパ管造影法
    graph 書く
    「lymphography」の語源は、ギリシャ語の「lympha(液体)」と「graphia(書くこと)」から派生した言葉です。この技術は、体内のリンパ液循環を可視化することで、病気の診断や治療に役立ちます。
  • マグネトグラフ
    graph 書く
    magnetographの語源は、ギリシャ語の「magnētis」(磁石)と「graphē」(書くこと)に由来します。これは、地磁気の観測に用いられる機器を意味し、磁石による測定結果を記録するために名付けられました。
  • 乳房X線撮影
    graph 書く
    「mammography」は「mammo-」が「乳房」、そして「-graphy」が「書くこと」を意味する接尾辞です。つまり、「mammography」は「乳房を書き記すこと」という意味を持ちます。この言葉は、乳房のX線検査を指しています。
  • 顕微鏡図
    graph 書く
  • マイクロ写真
    graph 書く
    microphotographの語源は「micro」と「photograph」の合成語で、直訳すると「微小写真」となる。19世紀の技術革新により、微小な対象物を撮影する技術が生まれ、それを指す言葉として使われるようになった。現在では、マイクロスコープを使って撮影された細胞や微生物などの写真を指す言葉として広く用いられている。
  • 謄写
    graph 書く
    mimeographの語源は、ギリシャ語の“mimēma”(模倣、模写)と“graphein”(書く)から来ています。mimeographは初め19世紀に公式に発明され、紙の上に文字を印刷するために使用されました。しかし、今日ではデジタル時代に入り、mimeographはほとんど使われなくなっています。
  • モノグラフ
    graph 書く
    「monograph」は、ギリシャ語の「monos」(単一の)と「graphien」(書く)から来ており、「1つのテーマに集中した論文や書籍」という意味を持っています。
  • 多重プログラミング
    pre 前に
    multiprogrammingの語源は、「multi-(多くの)」と「programming(プログラムを書くこと)」が合体したものです。この用語は、複数のプログラムを同時に実行できるコンピュータの機能を表しています。この技術が発明されたのは1950年代で、当時のコンピュータは一度に1つのプログラムしか処理できなかったため、効率の面で大きな進歩をもたらしました。
  • 脊髄造影法
    graph 書く
    「myelo(髄)」と「graphy(描写)」が語源となっています。つまり、神経髄の描写を意味します。神経髄に異常がある場合、レントゲン撮影によってその異常を診断するために行われる検査であり、医療分野において重要な役割を果たしています。
  • ノモグラム
    graph 書く
    nomographという言葉は、ギリシャ語の「νόμος」(法則)と「γραφή」(書き物)から派生した英単語です。nomographは複数の変数と関数の関係をグラフィカルに表現する計算機具の一種で、法則や関係式を視覚的に表現することができます。日本の教科書でもnomographという和製英語が使われています。
  • 海洋学者
    graph 書く
  • 海洋学
    graph 書く
    oceanographyの語源は、ギリシャ語の"οκεανός"(大海)と"γράφειν"(書く)に由来しています。つまり、海洋を研究するという意味が含まれています。
  • 油絵ふうの石版画
    graph 書く
  • 正字法の
    graph 書く
    「Orthographic」の語源は、ギリシャ語の「ortho」(直立した)と「graphein」(書く)から来ています。つまり、正しい文字の書き方や印刷方法を指します。Orthographicとは、正しい綴りや言葉の使い方のルールに従って書かれた文章を意味します。
  • 正字法の
    graph 書く
    orthographicalの語源は、ギリシャ語の「orthos(正しい)」と「graphein(書く)」から派生したものです。つまり、文字を正確に書くことを意味しています。
  • 正字法
    orth 正当な
    「orthography」の語源は、古代ギリシャ語の「orthos」(正しい、真っ直ぐな)と「grapho」(書く)から来ています。つまり、正しく書くことを意味する言葉です。この語は、英語圏では文字のスペルを含む一般的な表記法を指します。
  • オシログラフ
    graph 書く
    oscillographの語源は、「oscillo-」と「-graph」からなり、「oscillo-」はラテン語の「oscillare」(揺らぐ)に由来し、「-graph」はギリシャ語の「graphē」(書くこと)に由来しています。つまり、「oscillograph」は、振動を記録するための機器を意味します。
  • 古地理学
    ge 地球
    「palaeo」は「古い」、「geography」は「地理学」を意味します。つまり、「palaeogeography」とは「古代の地理学」という意味になります。この語は地球上の地質学的な変化や動物の進化、それに関連する気候や環境を研究する学問分野の名称として使われます。
  • 古地理学
    ge 地球
    「paleo-」はギリシャ語で「古い」という意味で、「-geography」は「地理学」という意味です。つまり、paleogeographyは「古代地理学」という意味の言葉です。
  • 古文書学者
    graph 書く
  • 古文書学の
    graph 書く
    paleographicの語源は、「古代の」を意味するギリシャ語の「paleo」に、「文字」を意味する「grapho」が結合したものです。この言葉は、古い手書きの文字の研究を指す学術用語として使用されます。
  • 古文学
    graph 書く
    paleographyの語源は、古代ギリシャ語の「παλαιός(palaiós)」(古い)と「γράφειν(graphein)」(書く)に由来します。つまり、古い書物や文書を研究し、その書式や文字を解読する学問であることを示しています。
  • パントグラフ
    graph 書く
    pantographの語源は「パントグラフ」です。パントグラフとは、図形を拡大・縮小するために使われる器具で、元々は海図を描くための道具として発明されました。この道具が機械に応用され、複製する際の測量器具としても使われるようになりました。その後、鉄道の架線から動力を受け取る装置にもこの名前が使われるようになりました。
  • 平行四辺形
    para 横に
    parallelogramの語源はギリシャ語の「para(並行)」と「gramma(線)」から来ています。その名の通り、対辺が互いに並行な四角形の形状を表しています。英語圏では幼少期から学ぶ形状の一つであり、数学や物理学などで重要な役割を果たしています。
  • 岩石分類学
    graph 書く
  • 電気蓄音機
    graph 書く
    phonographという単語の語源は、ギリシャ語の"phone"(音声)と"graphē"(書く)から来ています。これは、音声を記録する機械を表しています。phonographは、19世紀後半にトーマス・エジソンによって発明され、初めて商業的に成功した録音機器でした。
  • 写真によって
    graph 書く
    photographicallyの語源は「写真に関する」という意味を持つ英単語「photographic」に接尾辞「-ally」を付けたものです。接尾辞「-ally」は「…に関する」という意味を表し、photographicと合わせることで「写真に関する」という意味が強調されます。つまり、photographicallyは写真に関することを意味する言葉です。
  • 顕微鏡写真
    graph 書く
    photomicrographの語源は「photo(写真)」、「micro(微小な)」、「graph(書く、描く)」の組み合わせでできています。つまり、光学的に拡大した微小な物を写真に撮影したものを指します。学術研究や医学などで用いられる観察方法で、科学技術の進歩によってその精度は高まっています。
  • 自然地理学
    graph 書く
    physiographyの語源は、ギリシャ語の"physis"(自然)と"graphia"(書くこと)から来ています。つまり、地球表面や地形など自然環境の特徴を書き表すことを意味します。
  • 絵文字
    graph 書く
    pictographの語源は、「picto(絵)」と「graph(書く)」が結合したものです。「絵を書く」という意味を持ちます。pictographは、絵やシンボルを使って情報を表現する方法を指し、古代から多くの文化で使用されてきました。現代でも、道路標識やアイコンなどで広く使われています。
  • 絵文字の
    graph 書く
    pictographicの語源は、「ピクトグラム」から来ています。ピクトグラムは、文字を使わずに絵や図形で表現した通信手段の一種であり、原始的な表現方法のひとつです。言葉が通じない状況でも理解できるため、多言語の間でのコミュニケーションに利用されています。
  • 平版
    graph 書く
    「planography」は、ギリシャ語の「planos(平面)」と「graphē(書く)」が合わさった造語です。この技法は、平面的な印刷物を作成する際に利用されます。
  • ポーラログラフィー
    graph 書く
    polarographyの語源は、「polar(極性)」と「graph(書く)」の組み合わせで、直接電気化学反応を測定する技術を意味しています。極性のある電極を用いることで、試料中の化学物質が電気的に検出できるようになります。これは、1922年にチェコの化学者Jaroslav Heyrovskyによって発明されました。
  • ポリグラフ
    graph 書く
    polygraphの語源は、ギリシャ語の「poly」(多数の)と「grapho」(書く)から来ています。polygraphは多くのことを記録できるため、本来は一種の計測器具を指す言葉でした。現代では、複数の物事を検知・記録できることを意味する言葉としても知られています。
  • ポルノグラファー
    graph 書く
    「pornographer」の語源は、ギリシャ語の「porne(娼婦)」と「graphos(書く人)」に由来します。つまり、「娼婦を描く人」という意味です。もともとは、わいせつな文学や芸術作品を制作する者を指していましたが、現代では性的な映像作品を製作・販売する者を意味します。
  • 好色文学の
    graph 書く
    pornographicの語源は、ギリシャ語のporne(売春婦)とgraphien(書く)から派生したpornographosで、文字通り「売春の描写を描く」という意味を持ちます。後に、卑猥な性的描写を含んだ作品を表す語として使用されるようになりました。
  • プログラマー
    graph 書く
  • プログラミング
    pre 前に
    「programing」の語源は、「プログラム」という言葉から派生しています。プログラムとは、ある計算機の動作を指示するために必要な手順を記述したものであり、その結果としてコンピューターが正しく動作します。これを英語で「programming」といいます。ただし、「programing」というスペルも一部で用いられています。
  • 焼き絵
    graph 書く
    「Pyrograph」はギリシャ語の「pyro(火)」と「graph(書く)」が由来で、木材や皮革に熱で模様を焼き付けることを指します。日本語では「焼印」と呼ばれる技法です。
  • X線写真
    graph 書く
    radiographの語源は、ギリシャ語の「radios(放射線)」と「graphē(書く)」から来ています。放射線を書き出すという意味で、X線写真のような医療技術に使われる言葉です。
  • レンゲン技師
    graph 書く
  • 電送写真
    graph 書く
    radiophotographの語源は、"radio"(放射線)と"photograph"(写真)から派生しています。つまり、この言葉は放射線を使って撮影された写真を指します。放射線は目に見えないため、写真を撮影することで可視化することができます。この技術は、医療や科学研究などの分野で広く使用されています。
  • 無線電信
    tele 遠く
    radiotelegraphの語源は、"radio"(ラテン語の"radius"から派生した言葉で、光や熱などを放射する意味がある)と"telegraph"(電信の意味)から来ています。つまり、radiotelegraphは、電波を使った無線通信のことを指します。
  • 無線電信
    tele 遠く
    radiotelegraphyの語源は、ラジオとテレグラフの組み合わせであり、無線通信によるテレグラフのことを意味しています。テレグラフは、文字を電気信号に変換して伝送する技術であり、radiotelegraphyはそれを無線によって行うものです。 "radio"は "radius"(光線)と "telegraph"の別の形式である "radiotelegraph"から来ています。
  • 電子技術による複写
    re 再び
  • ガリ版
    graph 書く
    roneographの語源は、"roneo"という商標名から来ています。roneoとは、19世紀に作られた紙の印刷機の商標でした。この機械によって印刷されたコピーを指して、"roneographs"と呼ぶようになりました。現代では、roneographは電子的なコピー機の一種を指し、文書の複製によく使われています。
  • 地震計
    graph 書く
    seismographの語源は、「seismo-」はギリシャ語の「地震」を意味する「seismos」と、「-graph」はラテン語の「書くこと」を意味する「graphos」から来ています。組み合わせると、「地震を書くもの」という意味になります。
  • セリグラフ
    graph 書く
    "Serigraph"は、ギリシャ語の「seri(シルク)」と「graph(書く)」に由来しています。つまり、シルクスクリーンプリントという意味です。シルクスクリーンプリントは、シルクスクリーンと呼ばれる細かい網目の布を使用して、さまざまな色を重ね合わせて印刷する方法です。この技術は1920年代に開発され、アメリカでは「serigraph」という用語が一般的に用いられるようになりました。
  • セリグラフィー
    graph 書く
    「Serigraphy」はギリシャ語の「seri」(シルク)と「graphein」(書く)から派生した用語で、シルクスクリーンプリントの技術を指します。つまり、t-shirtなどに印刷する技術を指す英単語です。
  • 無線電報
    graph 書く
    shadowgraphの語源は、shadow(影)とgraph(図、記録)を合わせた英語です。影と光を使って指や物体を操り、影の形を変えながら表現するパフォーマンスで、手影絵とも呼ばれます。影の形を利用して表現する独特な技法が特徴的で、世界中で愛されるエンターテイメントの1つです。
  • 無線電報
    graph 書く
    skiagraphの語源は、ギリシャ語の「skia(影)」と「graphē(記述)」に由来しています。そのため、skiagraphは文字通り「影の記述」という意味になります。別名、x-ray photographとも呼ばれています。
  • 超音波検査法
    graph 書く
    sonographyの語源は、ラテン語の子(sonus)と書くことができる「音」や「音声」と、書くことができる「書くこと」という意味のグリーク語のグラフェイン(graphein)から来ています。つまり、sonographyは「音を書くこと」を意味しています。これは、超音波を使ってつくられた内部の構造を描写する医療技術に由来しています。
  • 呼吸計
    graph 書く
    spirographの語源は「spiro(スパイロ)」というラテン語から来ており、この単語は「螺旋状の」あるいは「らせん状の」という意味を持ちます。spirometer、spiralなど、同じルートから派生した単語もあります。
  • 符号化
    graph 書く
    steganographyの語源は、ギリシャ語の「steganos(隠れた)」と「graphein(書く)」から来ています。つまり、文字を隠すことで秘密のメッセージを伝える技術です。
  • ステノグラフ
    graph 書く
    stenographの語源は、ギリシャ語の"steno"(短い、速い)と"graph"(書く)からきています。これは、速記機が短時間で大量の情報を記録するための設計であることを表しています。
  • 速記者
    graph 書く
    "stenographer"の語源はギリシャ語の「stenos(薄い)」と「graph(書く)」です。つまり、書き物を短くかくことができる人を意味しています。
  • 速記の
    graph 書く
    「stenographic」の語源はギリシャ語の「steno(狭い)」と「graph(書く)」からきています。つまり、「狭い場所で書く」という意味です。そして、「stenographic」は主に速記や記録の分野で使用される言葉となっています。
  • 速記
    graph 書く
    「stenography」の語源は、「stenos」(狭い)と「graphy」(書くこと)からきています。つまり、狭いスペースに速く正確に書くことを指します。日本語では「速記」と訳されます。
  • ステレオ写真、立体図
    graph 書く
  • 立体写真術
    graph 書く
  • 層位学
    graph 書く
  • 関数
    sub 下に
    subprogramの語源は、"sub" (下) と "program" (プログラム) から来ています。主にコンピューターサイエンスにおいて、subprogramは、メインプログラム内に含まれるサブルーチンや関数のことを指します。抽象化や再利用性を高めるために用いられ、プログラムの構造化に寄与しています。
  • タコグラフ
    graph 書く
    「tachograph」の語源は、ギリシャ語の「tachos(速度)」と「graph(書く)」が結合した言葉です。この計器は、自動車などの速度と距離を測定し、グラフ化したものを記録するために使用されます。
  • 速記
    graph 書く
    tachygraphyの語源は、ギリシャ語の"Tachys"(速い)と"Graphos"(書くこと)から来ています。言い換えると、「速く書くこと」を意味する言葉です。この言葉は、かつて速記法を指すように用いられていました。
  • 電報
    tele 遠く
  • 電信技手
    tele 遠く
    telegrapherの語源は、telegraphという言葉に由来します。telegraphは、ギリシャ語の"tele"(遠く)と"graphien"(書く)から来ており、長距離通信のために開発されたシステムで、電信手を意味します。日本語では通信手と訳されます。
  • 電文体
    tele 遠く
  • 電信の
    tele 遠く
    telegraphicの語源は「telegraph(テレグラフ)」です。telegraphは、遠隔地に通信を送るために電信を使用する装置を指します。tele-は「遠く」という意味の接頭辞で、-graphは「書く」という意味の接尾辞です。つまり、telegraphicは「電信的な」という意味になります。近代以前の通信手段であった「電信」という単語が由来となっています。
  • 電信の
    tele 遠く
    telegraphicalの語源は「telegraph」という言葉から派生しています。英語のtelegraphとは、電信という意味で、通信手段の1つである電信を指します。つまり、telegraphicalとは、電信に関する、またはそのように短く要約された形式で書かれた文書を指します。
  • 電信技手
    tele 遠く
    telegraphistの語源は、telegraph(テレグラフ)という通信手段を使う人のことを指す英語で、telegraphistはこの通信手段を使って情報を伝達する人のことを指します。telegraphは「遠隔地に信号を送る」という意味があり、istは「~者」という接尾辞です。つまり、telegraphistは「テレグラフで情報を伝達する人」という意味です。
  • 電信機
    tele 遠く
    telegraphyの語源は、「tele-(遠く)」と「-graphy(書くこと)」から来ています。つまり、遠くから文字を書く技術を指します。初めは、電信機を使い線路上を伝って文字を送受信する技術を指していましたが、現在では、携帯電話やインターネットなどの通信技術全般を指すようになっています。
  • 望遠写真
    tele 遠く