意味を見る
この単語はもう覚えましたか?
YES 
 NO 
補足(英英和)
  • a formal exposition公式の論文研究論文
例文
This was what I had hoped to make known by the treatise I had written,
わたしが論文で知ってもらおうとしたのは、こういうことなのだ。
Three years have now elapsed since I finished the treatise containing all these matters;
こういう話をすべて書いた論文を完成させてから、もう3年たった。
So far, at least, as one can admire a treatise that won't be published for some centuries to come!
少なくとも、数世紀たたないと出版されないひとつの学術論文に感服する程にはな。」
例文
Nichiren actually submitted his treatise to Tokiyori.
後にこの書を持参して実際に時頼に提出している。
He also wrote a treatise on renga poetry, 'Katahashi' (A Fragment).
連歌論書に「片端(かたはし)」等がある。
The treatise marked a breakthrough in the history of the Jodo (Pure Land) sect.
浄土教の歴史の中で画期的な意義を持つ論文である。