東大の英単語:名詞

集計方法
  • 過去21年間に実施された東大入試の全28試験で使用された英単語を集計しています。 2009年〜2014年の後期試験を含みます。
  • 全ての単語を単純に集計するとランキングの上位にa、the、makeなどの簡単な単語がリストアップされてしまうため、難易度の低い単語を集計から除外しています。 東大入試、センター試験、英検検の出題傾向や、CEFRレベルなどの情報を元に単語をレベル分けし、単語レベルの偏差値50相当以上の単語を集計対象としています。
  • 固有名詞(例:Mary)に関しても集計から除外しています。

ご感想・リクエストなど
お待ちしております
info@tentan.jp
※PC版、タブレット版ではさらに詳しい情報をご覧いただけます
順 位 単 語
試 験 数
単 語 数
各年の単語数
※2009年〜2014年は前期と後期試験の合計値です
1 process
21試験
82
2 base
21試験
64
3 society
20試験
139
4 value
19試験
80
5 development
19試験
51
6 detail
18試験
53
7 individual
17試験
62
8 term
17試験
57
9 sort
17試験
46
10 claim
17試験
41
11 challenge
17試験
35
12 force
16試験
50
13 death
16試験
41
14 material
15試験
94
15 nation
15試験
22
READ MORE
(ユーザー登録/ログインして表示)
バブルチャート
横軸
出題試験数
過去28回の試験(2001年から2021年実施の21回分と、2008年から2014年に実施された後期試験7回分)の何試験で出題されたかを示しています。 この数字が28の場合は、過去全ての試験で出題されていることを表します。
縦軸
単語偏差値
センター試験と英検の出題傾向や、CEFRレベルなどの情報を元に算出した独自の指標です。偏差値の高い単語ほど、英検1級などの上位試験で出題される傾向があります。
円の大きさ
出題単語数
1回の試験で同じ単語が何度も繰返して使用された場合も含めて、単語の使用回数を合計した数です。 円が大きいほど、何度も使われていることを表します。
円の色
最終出題年
最近の試験で出題されているかどうかを表す指標です。その単語が出題された最後の年で色分けしてあります。
右に行くほど、円が大きいほど、よく出る単語
出題試験数
試験
単語偏差値
最終出題年
2020
2019
2018
2017
2016
2015
〜2014
出題語数
50語
10語
5語
10 20